里いもが赤ワイン+みそで、ご飯に合うメインおかずに変身!/調理=柳原るり 撮影=鈴木泰介

写真拡大

秋のお楽しみ、ホクホクの里いも。でも、1袋買うと煮っころがしにしても全部使いきれない場合が。そんなとき、残った里いもでちょっとおしゃれな洋風煮込みはいかが? 隠し味にみそも使うので、洋風テイストながらご飯にもぴったり合います。

【写真を見る】煮汁に赤ワインとみりんを加え、アルコール分をとばすようにして強火で煮る/調理=柳原るり 撮影=鈴木泰介

【牛肉の洋風いも煮】(1人分472Kcal、塩分2.4g、調理時間25分)

<材料・2人分>牛切り落とし肉160g、大豆ドライパック缶50g、里いも210g、にんじん1/2本、長ねぎ1/2本、赤とうがらし1本、おろしにんにく小さじ1、長ねぎの青い部分の小口切り適量、赤ワイン大さじ2、塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油、みりん、みそ

<作り方>

(1)里いもは4等分に切り、にんじんは小さめの乱切りにする。ねぎは2cm幅に切る。とうがらしはへたを折って、種を除く。牛肉は塩、こしょう各少々をふり、小麦粉小さじ1をまぶす。

(2)鍋にオリーブ油大さじ1/2を熱し、牛肉を炒めて色が変わったらいったん取り出す。オリーブ油大さじ1/2を足し、里いも、にんじん、ねぎ、大豆を入れて炒める。全体に油がまわったら、水2カップ、とうがらし、にんにくを加える。アクを除き、ふたをして里いもがやわらかくなるまで約10分煮る。

(3)強火にしてワイン、みりん大さじ2を加えて煮立て、肉を戻し入れる。中火にしてみそ大さじ2を溶き入れ、ねぎの青い部分を加えてひと煮立ちさせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】