8日、中国の掲示板サイトに、「客観的に日本の良い所と悪い所を挙げてみよう」と題するスレッドが立った。これに対し、中国ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年10月8日、中国の掲示板サイトに、「客観的に日本の良い所と悪い所を挙げてみよう」と題するスレッドが立った。

スレ主は、日本の良い所として「お金があり、人がよく、自由であること」を挙げた。そして悪い所は「ない」と言い切っている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「民度が超高いことだと思う」
「日本のアニメ、小説、風景のどれも好き」
「民衆は友好的なのに残念ながら指導者がダメだ」

「悪い所は自然災害が多いことだろう。地震や台風が多すぎだ」
「科学技術、環境、国民全体の民度はどれもいい。悪い所はわが国の領土をかき乱すことだな」

「日本の良い所は、中国ですでに失われた古代文化を残していること。悪い所は腐っている日本政府」
「良い所はどこまでも精進を続けること。悪い所はかたくなで融通が利かないことだ」

「日本の民族精神、匠の精神、民度はいいと思う。悪い所は日本人って時々冷たすぎることかな。それに日本政府の中国に対する態度はとても悪い」

「長年の日本滞在経験からすると、日本が中国に勝っているのは生活が便利なところだ。欠点は物価が高く日本社会に溶け込みにくいこと」

「日本は好きだけど日本の某政党は嫌い」
「面積が大きいこと以外に中国が勝っていることは何もない」(翻訳・編集/山中)