冷蔵庫で冷やしても美味。とろりとやわらかいなすにたれがしみこみ、ビールがどんどん進みます/調理:伊藤晶子 撮影:澤木央子

写真拡大

連休疲れで、今日はもう料理なんてしたくない…でもおいしいものは食べたい…。そんなジレンマを解消してくれる「蒸しなすのエスニックだれがけ」。レンジでチンの簡単メニューですが、味は本格派。にんにくの疲労回復効果で、やる気も湧いてくる…かも!? 

【写真を見る】なすは低温に弱いので2〜3日なら常温で。それ以上保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないようポリ袋に入れて保存を

【蒸しなすのエスニックだれがけ】(1人分40Kcal、塩分1.4g)

<材料>(2人分)

なす2個(約160g)、にんにくの薄切り1/2片分、エスニックだれ(レモン汁、ナンプラー、グラニュー糖各小さじ2)、一味とうがらし少々、水大さじ1

<作り方>

(1)なすは全体をフォークで刺して穴をあける。ラップを広げ、なす1個、にんにく半量をのせて包む。同様にしてもう1個作る。

(2)電子レンジで約2分30秒加熱し、なすがやわらかくなったら取り出し、そのまま粗熱をとる。

(3)なすを縦に粗く裂いて器に盛る。にんにくをのせ、エスニックだれの材料を混ぜてかける。

なすは切り口が新しく、皮がピンとして全体に張りがあり、光沢のあるものを選びましょう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】