阿蘇山の爆発的噴火 火口付近で直径約4mの噴石散乱、「湯だまり」も

ざっくり言うと

  • 阿蘇山の爆発的な噴火で、火口付近では4mほどの噴石が確認された
  • 高さ約1万1000mの噴煙は、1965年の観測開始以降、同山では最も高かった
  • 火口の底には湯だまりがあり、周辺は半径約1kmに渡り火山灰で覆われていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング