写真提供:マイナビニュース

写真拡大

資生堂はこのほど、日本マイクロソフトの協力のもと、オンライン会議で通信中の画面に表示される顔に自動でメイクや顔色補正を行うアプリ「TeleBeauty(テレビューティー)」を開発した。

このアプリでは、資生堂がこれまでの活動から得られた知見である、資生堂のアーティストが持つメイク技術、1999年から研究し店頭で運用してきた実績もあるメイクのシミュレーション技術、トレンド情報などを活用する。顔を映すだけで画面上の顔に4種類のメイクを施すほか、顔色の補正や顔以外の部分をぼかす機能などを搭載。リアルタイムで顔の動きに連動するため、実際にメークをしているように感じられるとのこと。また、会議前に手間がかからないように、簡単に操作できるようにデザインしているという。

女性の活躍を応援し、楽しみながら仕事を続けてもらうことが狙い。「Skype for Business」に対応する試用モデルを開発し、日本マイクロソフトが実施する「働き方改革週間2016」(10月17日〜21日)において賛同法人による試験運用を行う。また9月〜11月、日本マイクロソフトの女性社員100名の試験運用を実施する。なお、試験運用後の展開は現時点では未定とのこと。