温風で温めながら洗うことで洗浄力がアップ!(写真は「AW‐10SV5」グレインブラウンとグランホワイト)

写真拡大

東芝ライフスタイルは、温風で温めながら洗うことで洗剤の力を引き出し、洗浄力を高める「温かザブーン洗浄」を新たに搭載した「AW‐10SV5」と「AW-9SV5」を、2016年10月に発売する。

新たに本体上面に強化ガラスを使用した「ガラストップデザイン」を採用。サニタリールームなどのインテリアに調和し、汚れが拭き取りやすいフラットなデザインにした。また、新しく温風で衣類と洗濯水を温めながら洗うことで、洗剤の酵素を活性化させて洗浄力を高める「温(あった)か洗いコース」を搭載。新コースには、洗浄の効果を高めるためにつけおきが含まれており、つけおき時間は汚れ具合にあわせて1・2・4・6・8時間から選択できる。つけおきなしも選べる。衣類と洗濯水を温めて洗うことで、洗剤が汚れを分解する力が高まり、皮脂汚れをしっかり落として黄ばみを予防する。

洗いは、「S‐DDモーター」と「抗菌メガスクリューパル」によってパワフルに洗う「ザブーン洗浄」(標準コース)。モーターとパルセーターが直結しているので、洗濯物の量や種類を高い精度で見極め、適した水流に制御して洗う。さらに清潔さに配慮して、水道水に抗菌成分(銀イオン)を含ませた「Ag+抗菌水」で洗濯するため、抗菌成分が繊維の奥まで浸透して部屋干し臭などの元となる雑菌の繁殖を抑える。

汚れをはじく親水性の高いガラス質コート(防汚コート)を洗濯槽の表面にコーティングした「マジックドラム」で、黒カビの原因となる洗濯槽の裏側への汚れの付着を防ぎ、洗濯槽を清潔に保つ。パルセーター、糸くずフィルター、ふろ水用給水ホースの先端部も抗菌加工した。

デリケートな衣類もシャワーによる押し洗い効果で傷めず、しっかり洗える「おしゃれ着トレー」を使用した「おしゃれ着コース」、ダイレクトドライブ方式のS‐DDモーターによる低騒音設計も備えている。

一体型の洗剤・柔軟剤ケースは、洗剤などが溶けやすくなっており、濃い洗剤液をすばやく注水できる。

「AW‐10SV5」の洗濯容量は10キログラム、乾燥容量が5キログラム。色はグレインブラウンとグランホワイト。「AW‐9SV5」は洗濯容量9キログラム、乾燥容量は5キログラム。色はグランホワイト。

いずれも、オープン価格。