坂井恵キャディと抱き合い、喜ぶ池田勇太(撮影:ALBA)

写真拡大

<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 5日目◇10日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>
 『HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF』は正規の4ラウンドが終了した段階で池田勇太、ソン・ヨンハン(韓国)がトータル14アンダーで並び、プレーオフとなったが、第3ラウンドの日没サスペンデッドによる未消化ホールプレー、そして降雨の影響によるスタート時間遅れにより、プレーオフ4ホール目が終わった段階で続行不可能に。1999年(JGTO発足)以降初のプレーオフの“月曜日持ち越し”となったが、池田が9ホール目でバーディを奪い、通算15勝目を達成した。
前日4ホールのプレーオフでも決着つかず日没…
 「81ホールつきあわせましたね」と優勝会見で笑った池田。18番パー4で繰り返しおこなわれたプレーオフは2日間に渡り、両者ともボギーを打つスキを見せない緊迫した展開。9ホール目に2mのバーディパットを沈めて勝利した池田は「ヨンハンもボギーを打ちそうな雰囲気はなかったですし、2ついいバーディパットを外していた。どっちが勝ってもおかしくなかった」と“バーディ決着しかない”と思いながらプレーしていたという。
 「ラッキーもあると思いますし、運が味方してくれた。2位続きだったのでどこまで我慢できるかだった。ここ最近は2回ともボギーを打って負けていますし、とにかくボギーは打たないようと考えていた。やっと吹っ切れたかな」。
 『ANAオープン』『トップ杯東海クラシック』では最終日最終18番でボギーとなり、敗戦。今大会中も「2位ばかりで疲れる」と話していただけに。やっと“2位の呪縛”から逃れることができただろう。
 「ここから本当に…いい起爆剤になる。賞金王に向けて一試合一試合を戦っていきたい。今日勝ったことは自分の新たなスタートライン。またこの2日間で切り替えて、木曜からの日本オープンに臨めるように。絶対に優勝争いはしたい」。
 今季の獲得賞金額は1億円を突破し、賞金ランク2位に浮上。首位を走る谷原秀人に迫っただけに終盤戦の賞金王レースは池田が盛りあげる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼特別インタビュー】自身の主催チャレンジに込める思い