ドローンで偶然撮れたウェディング・カップルの写真が素敵

写真拡大

香港の夕焼けを撮ろうとして飛ばしたドローンが、偶然ビルの屋上のウェディング・カップルを撮影。

万に一つの幸運ショットはSNSからたちまち拡散され、カップル探しが続いている。

Accidental drone shot. Help me find this couple! #drone #accidental #serendipity #newlyweds

Une photo publiée par Brandon Li (@brandon_l_li) le

「ラッキーなショット」

Facebook - Brandon Li

Facebook - Brandon Li

東京やモンゴルなど、世界中を旅して回る映像作家のBrandon Liさんは、香港の夕焼けを撮るためにドローンを飛ばしていた。

バッテリーが少なくなったため、低空飛行させながら撮影を続行。

すると、「高層ビルの屋上の芝生に寝転ぶウェディング・カップル」という、思いもかけない光景が撮影されていた。

「多くの人々が『ヤラセ』じゃないかと考えているが、結婚式は専門じゃないし興味もない」Liさんは、まったくの「ラッキーなショット」だったと強調する。

香港生活の素敵なメタファー

このカップルの身元を突きとめたくて、FacebookやInstagramにこの写真を拡散。

ビルは特定されているが、1週間経ってもカップルは見つかっていない。

ウェディング関連メディアの撮影のためのモデルだったのでは、との声もある。

たとえ本物のカップルではなかったとしても、この写真は「香港生活の素敵なメタファー」とLiさんは語る。

「ゴミゴミした灰色の冷たい写真」とは異なる、香港の街の「喜びのオアシス」のような瞬間を偶然にも切り取ったベストショットであることは間違いないだろう。