7日、韓国メディアによると、韓国の現代自動車が2015年モデルのサンタフェ、ツーソン、マックスクルーズのエンジンに不良品が装着されている事実を確認したにもかかわらず、その事実を隠蔽したとの疑惑が浮上した。資料写真。Record China

現代自動車がリコール計画を届け出ず 韓国国土交通部が告発

ざっくり言うと

  • 韓国国土交通部が現代自動車をリコール不届けで、ソウル中央地検に告発した
  • 30日以内に提出が必要なリコールの報告書を、1年3カ月後に提出したという
  • 「担当者のミスで期限内に届けなかった」と、現代自動車は伝えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング