出典:Shutterstock

息をのむような美しいしぐさの人を見かけたことはありませんか? その人とあなたは何が違うのでしょうか。

前回は、筆者の著書『媚びてないのにかわいいシンデレラマナー』(主婦の友インフォス情報社)の中から“モテ子のしぐさ”についてご紹介しました。

今回は、仕事中の外出先で好印象を残す「しぐさ美人」がしていることをお届けします。

 

■魅力的な振り向き方

イメージとしては、浮世絵の『見返り美人図』を思い浮かべてください。顔だけを動かすのではなく、少し肩をそらして腰をひねり、上半身全体を使って、ゆっくりと振り向く。そして最後に笑顔でパーフェクト!

 

■訪問時の靴の脱ぎ方

訪問先では、出迎えてくれた人にお尻を向けるのはマナー違反。玄関にお尻を向けて靴を脱ぎ、「失礼いたします」といってから正面をむいたまま上がります。

そして、相手にお尻を向けないように斜めの姿勢で振り返って、かかとを後ろ、つま先を前にして靴の向きをそろえましょう。

 

■バッグの持ち方


肩掛けタイプは、どちらか一方の肩が上がっあり下がったりしないように、肩を水平に保つ意識を持って。

手は持ち手にさりげなく添えてエレガントさを演出しましょう。

 

 

■傘の持ち方

傘は脇とひじをしめて、まっすぐ垂直にさします。手元はギュッと握りしめるのではなく、柔らかく持ち、片方の手を軽く添えると、よりエレガントさが増しますよ。

持ち歩く時は、手元の柄をもって、まっすぐ下を向くようにしましょう。

 

■コートの所作

コートを脱ぐ時は、ボタンを下からはずし、両方の襟元を両手で持ち、両肩をはだけるように後ろにずらします。そして、両肩からストンとコートを落とすとともに、両手を後ろに引いて両袖を抜きます。

着る時は、コートの内側を人に見せないように着るのがマナー。コートの前面を自分に向けて両手を持ち右手で襟元を持ち、左腕を袖に通します。次に、左の襟元を左手で持ったまま、右でを袖に通しましょう。

左手で左の襟を引き寄せると、右腕が袖に通りやすくなります。着る時は、慌てず焦らず、優雅に。


コートをたたむ時は、両肩に手を入れて、手のひらをあわせるように両肩をそろえます。

 

片側の肩でもう一方の肩をくるむようにくるりと裏地を表にしましょう。この時、肩同士を合わせるように注意。こうすると、コートが長方形にまとまるので、二つ折りにして腕にかければ、きれいに持てます。

 

振る舞いが美しくなれば、あなたの女性らしさは一層際立ちます。

これらをマスターしたらあなたも「しぐさ美人」になれますよ!

【画像】

※ MJTH/shutterstock

【関連記事】

※ 自分のエピソードは短くまとめよ!「徹子の部屋」に学ぶコミュニケーション術【後編】

※ 美しい言葉づかいで品格アップ!「徹子の部屋」に学ぶコミュニケーション術【前編】

※ 難なくスタイルキープ!痩せている人が実践している美容習慣4つ

※ 見た目を劇的に変える「姿勢美人」になる方法【シンデレラマナー#1】

※ 職場男子をドキッとさせる「モテ子のしぐさ」4選【シンデレラマナー#2】