6日、韓国紙・中央日報は中国の海賊版に苦しむ韓国ゲーム業界について取り上げている。写真はスマホゲームで遊ぶ中国人。

写真拡大

2016年10月6日、参考消息網によると、韓国紙・中央日報は中国の海賊版に苦しむ韓国ゲーム業界について取り上げた。

韓国ネクソン社が開発した人気スマホゲーム「Tree of Savior」だが、中国企業による盗作に苦しんでいる。中国語版をリリースするよりも前に、海賊版ゲームが公開されてしまったのだ。キャラクターからゲームシステムまでそっくりの海賊版はApp Store中国版でランキング21位を記録するなどの人気ぶりだ。

中国ゲーム企業は開発能力を高めており、すでに韓国企業を上回る実力を手にしたとも伝えられる。さらにキャラクターやアイデアまで盗まれるとあってはたまったものではない。一方で明るい動きもある。いまだに海賊版ゲームは山のようにあるとはいえ、中国政府は取り締まりを強化しており、処罰される事例も増えてきたという。(翻訳・編集/増田聡太郎)