美肌のプロが教える!「目元スッキリみせる」アイケアのコツ

写真拡大 (全3枚)

日頃のデスクワークやパソコン・スマホで知らず知らずのうちに、疲労感が溜まってしまう目元。

そんな疲労感を放っておくと……目の下にはガッツリクマができ、まぶたはドンヨリたるみ、目は充血……恐ろしいほどに“老け顔”になってしまいます。

目元をスッキリ見せるには、疲労を溜め込まないようにすることが大切です。

そこで今回は、長年美容業界で活躍してきた筆者が、ちょっとしたケアでスッキリ目元になれる方法をお伝えします。

 

■目の周りを温めましょう

目の周りの皮膚は非常に薄く、血管も細いので血行が悪くなりがちです。血行を良くするために目の周りを温めましょう。温める方法はいろいろ。

(1)アイマスク:クマ・充血を防ぐ

眠る時にアイマスクをするのもオススメ。光をシャットアウトすることで、瞳をしっかり休めることができます。またアイマスクをすることで目の周りが温まり血行促進にもなります。

(2)アイスチーマー:小じわを防ぐ

蒸気でじんわり目元を温めるアイスチーマーは、リラックス効果が抜群です。目の周りの乾燥も防ぐことができますよ。

(3)ホットタオル

手軽で、アイスチーマーの代用になるホットタオル。ハンドタオルを水で濡らし固めに絞ってレンジで1分。熱さをたしかめて、2つ折りにしたハンドタオルを目の上にのせます。ハンドタオルの重さでじんわり温まり血行促進します。ホッとする感じでリラックス効果も高まります。

 

■目元のツボを押しましょう

目の周りには血行を改善するツボがたくさんあります。目の周りがドンヨリしたり、疲れた時に押してみてください。ただ、目の周りの皮膚はとてもデリケート。力まかせに強く押したり、こすったりするのはNG! 押して気持ちいい程度に、軽く優しくツボ押ししましょう。

(1)攢竹(サンチク):血行促進・くすみ・小じわ・疲れ目に

眉頭の端にある大きく凹んだ部分です。親指、または人差し指のはらで優しく上に(額の方向)押し上げるように押しましょう。グルグルと回すように指圧してもOK!

(2)晴明(セイメイ):疲れ目に

目頭から鼻につながるところの骨が凹んだ部分です。親指と人させ指でつまむようにゆっくりと揉むように押しましょう。

(3)四白(シハク):クマ・むくみに

瞳の真下の凹んだ部分から指1本分(約1cm)下がった部分です。人差し指のはらを使って、左右同時にゆっくりと、少し上に向かって押しましょう。

(4)球後(キュウゴ):目元のシワ・たるみに

目尻と目の中央下の真ん中あたりの骨のくぼみです。人差し指のはらをツボの上におき、横向きに当てて目尻に向かって軽く小さく左右に動かしましょう。

(5)瞳子瞳子りょう(ドウシリョウ):まぶたのたるみに

目尻の約1cmほど外側の目尻のくぼみです。人差し指のはらを使って、軽く押しましょう。

(6)紫竹空(シチククウ):目尻のシワ・クマに

目のキワ、眉の外側にある小さな骨のくぼみの部分です。中指のはらでゆっくり押しましょう。

(7)太陽(タイヨウ)こめかみ:クマに

眉尻と髪の毛の生え際の間にある少し凹んでいる部分です。両手の人差し指でツボを押さえ、他の指は軽く添えます。自分が気持ちいい程度にジワーと押さえるといいですよ。

 

いかがでしたか? 目の周りは血行が悪くなりやすく、いろいろなトラブルも重なり合って出てしまう場所です。疲労を溜め込まず、こまめなケアで目元のトラブルを解消しましょう。

【筆者略歴】

※ a.kumi ・・・長年美容業界で携えた知識と技術で、年齢と抗うことより心身共に美しく年を重ねる提案を発信している。

【画像】

※ Serg Zastavkin / shutterstock