地元の植物を緻密に描いた「植物ノート」のペン画のクオリティが素敵すぎる!

写真拡大

植物を緻密に描いた「植物ノート」の「ペン画」が素敵すぎると、Twitterで話題になっています。

素敵すぎる「植物ノート」

この動画を投稿しているのは、さくsaxan(@39saxan)さん。

これは、さくsaxanさんが描いた「植物ノート」だそうです。

Twitter/@39saxan

Twitter/@39saxan

ページをめくると、さまざまな植物の絵が描かれています。

さくsaxanさんが地元で見つけた、植物を絵日記にしてみたんだとか。

Twitter/@39saxan

Twitter/@39saxan

緻密でノスタルジックな「ペン画」の美しさに思わずうっとり!

1〜2色のペンを使って、木の木目や、葉の葉脈などを繊細に表現しています。

Twitter/@39saxan

Twitter/@39saxan

ツイートには「植物ノート、凄いですね〜」、「どの植物もいきいきとしてて素敵です!」といったコメントも。

さくsaxanさんの「ペン画」が素敵すぎると反響を呼び、「いいね」の数も1万件を突破していました。

描き始めるきっかけを探していた…

なぜ、「ペン画」を描き始めてみようと思ったのでしょうか? さくsaxanさんへお話を伺ってみました。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― 「ペン画」を始めたきっかけと「絵」は独学で学ばれたのですか?

絵は独学で学びました。実は何年もまともに描いていなかったので、「絵」を描き始めるきっかけを探していたんだと思います。

そんな中、「Instagramを教えてもらったこと(絵日記を公開するというジャンルに出会う)」、「人生の節目だったので何かを始めたかった」、「クラフト紙のノートに一目惚れしたこと」など、いろいろと「ペン画」を始めるきっかけが重なったのです。

またボールペンと手帳はバッグに入れて携帯できるので、外で「絵」を描ける便利さから「ペン画」を始めました。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― 「植物ノート」を描き始めた理由は?

植物を選んだのは、身近にあるネタ切れしないモチーフだと思ったからです。

それまで、ボールペン画も植物観察にもそんなにが興味なかったのですが…。この夏ものすごく植物の知識が増えました!

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― 「ペン画」で絵を描く際、どのようなペンを使用していますか?

ユニボール シグノの0.38mm、ブルー・ブラック、ボルドー・ブラック、グリーン・ブラック、ブラウン・ブラックの4色です。

携帯に便利だったという理由でボールペンにしました。ペン自体にとくにこだわりとかはないです。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― 今まで描いた中で、一番、思い入れが強い「ペン画」はどれか教えてください。

これは難しいですね…。強いていうなら、まさに今、描いてるうちのワンコでしょうか。

家族とワンコの記念日なので、気合い入ってます。植物以外の「ペン画」も描いています。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― 「ペン画」で絵を描く上で、こだわりや大切にしていることはありますか?

「ペン画」を描き始めてから日も浅く、逆にこだわりを探しながら描いているという感じです。

今は身近なものを描いているところで、それが終わったら、次は何を描くかについてはノープランです。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

手帳を携帯して隙間時間を利用し、どこまで「絵」を進められるかによって、仕上がりに大きく影響してきます。

「毎日」、「絵日記」というスタイルを選んだので、今のところ「時間の使い方」が一番大切だと感じています。

Instagram/@skrartagram

Instagram/@skrartagram

―― ありがとうございました。

隙間時間をうまく使いながら、緻密な「ペン画」を描いていたんですね!

さくsaxanさんの「ペン画」に興味がある方は、TwitterまたはInstagramもチェックしてみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像はさく saxan(@39saxan)さんの許可を得て掲載しています。