写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ボーイングは現地時間の10月7日、カタール航空と787-9を30機、777-300ERを10機、合計でカタログ価格11.7億米ドルとなる契約を交わしたことを発表。ボーイングのワイドボディ機に対するパフォーマンス性と信頼性を評価しての契約となった。

また今回、737 MAX 8を最大60機、カタログ価格で6.9億米ドルとなる購入意向書(LOI)も締結。今回の発表は、この9年間の内に787シリーズと777シリーズ、合わせて84機の納入を見込んだ、現在の機材構成に基づいているとのこと。カタール航空はすでに777Xを60機発注しており、納入待ちの機材は65機から105機に増加する。