10月6日(木)のイラク代表戦における日本代表のスターティングメンバー/(C)新井賢一

写真拡大

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われる。6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でオーストラリア代表と対戦。9日(日)に現地で練習を行った。

【写真を見る】オーストラリア代表戦に向けて、メルボルンで練習をする日本代表

日本代表は最終予選3試合を終えて、2勝1敗で現在はグループBの4位。グループ上位2カ国に与えられる本大会の出場権獲得に向け、首位のオーストラリア代表戦は今予選でも屈指の“ビッグマッチ”となる。

9日の練習後には、酒井高徳選手が「1試合1試合が僕らにとっては非常に大事な試合だと思うけど、ここは予選の山場のひとつかなと思う」とコメント。「絶対に落とせないと思うので、その気持ちをしっかり持った上で戦いたい」と気合いを語った。

チームは、酒井宏樹選手が出場停止で長友佑都選手が練習で頭部を強打して離脱。大一番を控える中、サイドバックが2選手欠ける状態となっている。

同じサイドバックの酒井高徳選手は、「試合に出る時点で、日の丸を背負ってる責任を感じているし、誰かがけがでいなくなったから、『自分が頑張らなきゃ』ではなく、自分は常に責任を持ってやっている」と語る。

チームとしても、「11人だけでやるサッカーではないし、サブのメンバーや試合に出れていないメンバーが入ってきたときに、しっかりした戦いをすることで、チームとして動いている」とコメント。「代わりに入ってきた選手たちがしっかりプレーすることは、みんな意識を持ってやっている。日本代表はそういうチームだと思うので、各自が出たときにそのポジションで役割をこなせるといい」と、自信を見せた。

「けがで離脱する選手、来たくても来れない選手たちのために戦うことが僕らにできること。仲間の分まで戦って、いい結果を持ち帰りたい」とも口にする酒井高徳選手。

総力戦で挑む大一番に向けて、日本からも精一杯の声援をおくろう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】