もう勘弁して…。男が別れを意識する「重い女」の特徴4つ

写真拡大

カップルが長続きする秘訣は、二人の“好き”がバランスよく保たれていること。

【LINE×恋愛】要注意! 「別れが近い」LINEのサイン8つ

どちらか一方の想いが強すぎると、「重い」「疲れる」など、マイナスな印象を与えてしまうのです。

「えっ……! カレに鬱陶しいと思われていたらどうしよう」

そんな恋する乙女のために、独身男性たちに「重い女の特徴」をこっそり教えてもらいましたよ。

1:何度も「私のこと、好き? 」と聞く

「何度も『私のこと、本当に好き? 』って聞かれると、イライラしてくる」(30歳・IT)

「付き合ったばかりの頃は『かわいいな』と思ったけど、次第にウンザリしてくる」(28歳・金融)

恋をすると、何かと不安になるもの。交際がスタートしてからも、小まめに気持ちを確認しないと「嫌われたらどうしよう」とネガティブな気持ちに陥りがちですよね。

でも、しつこく聞きすぎるとカレをウンザリさせてしまうだけです。

もっと自分に自信を持って、カレと向き合うことを心がけて!

2:1日に何度も連絡が来る/返信を催促される

「ちょっとLINEが遅れただけで『何してたの? 』『どうして遅れたの? 』って怒られても困る」(29歳・建築)

「ランチ休憩にスマホをチェック見たら、彼女から10件以上のLINEが来ていてゾッとした」(33歳・公務員)

好きな人とはいつも繋がっていたいと思うものですが、あまりにも強引すぎると相手を疲れさせてしまうだけ。

仕事中に大量のLINEを送ったり、返信を催促すると、「もう付き合っていられない」とお手上げされてしまいます。

愛情表現は直接会ったときにするのがベストですよ。

3:「結婚したら」と一方的に将来の話をする

「『一緒に暮らしたら、寝室は一緒がいいな』って言われて、ちょっと引いた」(31歳・メーカー)

「『結婚したら』と言われると、妙にプレッシャーを感じる」(31歳・メーカー)

将来のことについて二人で話をするのは重要なことですが、「○歳までに結婚したいな」「早く一緒に住みたい」など、結婚を急かすような言葉をかけると、かえって婚期を遅らせてしまう可能性も……。

露骨なアプローチはせずに、カレのタイミングをじっと待ち続ける忍耐力も必要かもしれませんね。

4:こっそり「会社・家の前」で待ち伏せする

「終電間近に駅へ向かったら、改札前に彼女が立っていて恐怖を感じた」(28歳・デザイナー)

「ちょっと距離を置こうと思って連絡を控えていたら、彼女が玄関の前に……。自宅を教えたのが間違えだったかも」(30歳・SE)

何の前触れもなく、会社や家の前で待ち伏せされてたら、確かに背筋がゾッとするもの。

一歩間違えるとストーカー扱いされて「もうオレにつきまとうな! 」とカレの怒りを買ってしまうこともあるので注意が必要です。

会いたい気持ちを抑えられなくなったら、素直に「寂しい」と伝えましょう。

おわりに

いかがでしたか? 1つでも当てはまる項目がある女性は、カレに「重い女」と思われている可能性大!

「もう耐えられないわ……」と別れ話を切り出される前に、こっそり言動を改めておきましょう。

(取材協力)
・20〜30代独身男性

(ライター:mook)