目指すは年収1億円! 「稼ぐ力」をつける秘策

写真拡大

わずか10年で年収5000万。共働きで目標額を達成した背景には、ノートを巧みに使った取り組みがあった。それは――。

----------

●午堂さん&秋竹さんご夫婦

午堂登紀雄
1971年生まれ。米国公認会計士。不動産コンサルティングや事業開発を手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍する。
秋竹朋子
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科修了。ビジネスボイストレーニングスクール「ビジヴォ」代表として、「声」「話し方」を指導。

----------

■一度書き起こしたら「終わり」ではない

さて、ここまで見てきたのは、持っているスキルから稼ぐ手段を考えていくアプローチだった(http://president.jp/articles/-/20327)。同時にやっておきたいのが、最初に夫婦で稼ぎたい年収の目標額を決め、そこから逆算して方法論を導くアプローチだ。

要領は、経営コンサルタントがよく使うロジックツリーと同じだ。図のビジュアル化したノートを見てほしい。まずノートに、夫婦で稼ぎたい年収額を書く。次に目標額を分解して、夫婦のどちらがいくら稼ぐのかを設定する。たとえば目標5000万円なら、夫3500万円、妻1500万円といった具合だ。

POINT1:いくら稼ぐかを夫婦で振り分ける
まずは大まかに目標額を決める。午堂夫婦の場合、最初は年収1億円を掲げていたが、軌道修正して5000万円になった。継続するポイントは、特に期限は設けず、到達までの道のりを楽しむことだという。
POINT2:収入源は何かを洗い出していく
収入源を細分化して書き出す。そのうえで、たとえば「不動産事業」で1000万円、「アフィリエイト」で300万円といった具合に、何でいくら稼ぐかを書き出していくとより明確になる。
POINT3:ToDoまで落とし込む
目標額を稼ぎ出すため、実行可能な行動レベルのToDoまで落とし込み、書き出していく。 新しいToDo が出てきたら常に更新すると同時に、やり終えたものは赤線を引いてどんどん消していく。


夫と妻の目標額が決まったら、それぞれに「本業」「副業」「資産運用」の3つに分解して、各分野での目標額を設定する。妻が「本業」で1500万円稼ぐと決めたら、どうすればそれが可能になるのか、さらに具体策へとブレークダウンしていく。当然、具体策は複数あっていい。たとえば本業の収入アップについては、「昇進する」「査定ウエイトの高い仕事で成果を出す」「給料の高い企業に転職する」などの具体策が考えられるだろう。

具体策は、最終的にToDoレベルまで落とし込む。ノートはあくまでも考えるためのツールなので、ToDoまで落とし込んだ後は、別の手帳で管理してもかまわない。実際、秋竹さんは愛用の手帳にToDoを書き込み、一つ一つ消化していった。

図のノートはあくまで一例だ。主要な収入源だけでなく、それぞれをToDoレベルまで落とし込み、書き起こす必要がある。場合によっては別ページを設け、内容を展開していってもいい。ちなみに、現在ボイストレーニングスクールは、夫婦の共同経営により1000万円を稼ぎ出す事業にまでなっている。

ここで注意したい点が2つある。一つは、目標額を高めに設定すること。

「私たちは最初、目標額を1億円に設定していました。無謀だと思われるかもしれませんが、目標は高いほうがいい。大学受験で東大を目標にして勉強すれば、そこそこの大学に入れる学力が自然に身につくのと同じ。最初は目標額をウンと高く設定したほうが、稼ぐ力がつきます」(午堂登紀雄さん)

また、目標金額は具体的に決めても、期限は設けないのが午堂流だ。

「目標達成に期限を設けると、悪い意味でのプレッシャーになって、社会的に道を踏み外したビジネスに手を出してしまうかもしれません。仕事は、自分がやりたいことを楽しくやるのが一番」(午堂さん)

以上、ノートで稼ぐ力を高める方法を解説してきたが、資産を増やすためには支出のチェックもしておきたい。

午堂さんは独身時代、不動産投資の資金をつくるために支出をすべてノートに書き出して、必要性が低い支出を削っていった。1回やれば固定費をだいぶ抑えられるが、結婚すれば一人のときと違って支出の構造も変化する。あらためて世帯の支出を可視化させて見直す必要があるだろう。

実際、午堂・秋竹夫婦の支出も、話し合いでムダがなくなった。秋竹さんは、結婚後のお金の使い方について次のように明かす。

「昔はブランド品が好きで、収入のほとんどを注ぎ込んでいました。しかし、夫との話し合いの結果、いま衣料代は半分以下に。一方、エステはリフレッシュ効果があって仕事にもいい影響が出るといったら、夫も賛成してくれました。お金の価値観にズレがあるとケンカの原因になります。一度ゆっくり話し合って、すり合わせしておくことをおすすめします」(秋竹朋子さん)

夫婦で協力すれば、稼ぐ力は何倍にもなる。そのためには、夫婦円満であることが重要。ノートを活用しつつ、2人の将来や現状について、しっかり話し合ってもらいたい。

(村上 敬=文 小原孝博=撮影)