念の為のストックも!お金が貯まらない人がやりがちなNG習慣3つ

写真拡大

毎日、家計簿をつけて節約しているつもりでもなぜか赤字になってしまう……。そんな悩みを抱えている奥様も多いのではないでしょうか?

それは、無意識のうちに無駄なお金の使い方をしていたり、上手に節約できていないからかも!?

家族で必要な出費を考えると、教育費や食費、交際費や住宅ローンなど、出て行くお金はいくらあっても足りません。それならば、毎日少しづつでもお金を節約して赤字を減らしたいですよね。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事や、海外情報サイト『Good Housekeeping』を参考に、“お金が貯まらない人がやりがちなNG習慣”3つをご紹介します。

 

■NG1:使い切る前に買う

シャンプーや洗濯洗剤、マヨネーズなど、まだ使い終わってないのにストックのつもりで新しいものを買い溜めていませんか?

「念のために買っておこう……」という買い方は、意外と毎月の生活費を圧迫しているのです。

まだもう少し使えるのに、次の新しいものがあると思うと、最後まで使い切らずに捨ててしまうことだってあります。

また、ストックがたくさんあると、そのモノが大特価になっていた時に、「あちゃー今買うべきだったわー」と後悔しながら買い控えてしまうこともあります。

毎日使うものだからこそ、使い切りの時期を見計らって新しいものを買いに行くのが“オトク”に出会えるチャンスを増やすのです。

 

■NG2:無料電話を利用しない

SNSが発達した現在は、電話をかける手段は、なにも通話料のかかる携帯や固定電話だけではありません。

FacebookやLINE、Skypeなどはメッセージ機能だけでなく“無料通話機能”もついています。誰もが携帯電話を持っている今、これらの便利なツールを使わない手はありません!

毎月の電話代は、積もり積もれば費用がかさんでしまいます。これらを上手に利用すれば、携帯電話の通話プランを一番安いものに見直しできますよね。

 

■NG3:アバウトで買ってしまう

例えば、欲しい家具があるとします。こういう時はあらかじめ、“この大きさの家具を買う”という詳細サイズをメモに記して持ち歩き、周りとの相性を考えるために、“写真”を取っておくのがベスト!

そうすれば、たまたま寄ったお店で“ひとめぼれ”の家具を見つけた時に、家に合うサイズかどうかをチェックできますし、写真で家具のテイストが合うかどうかも確認できますよね。

それをせずに、「多分大丈夫!」な思い込みで買ってしまうと、大きすぎたり小さすぎたり、高さが合わなくて他の家具との調和がとれなかったりして、結局買い直す羽目になることになります。これは、明らかにお金の無駄ですね。

買い物はその時の気分ですることなく、本当に欲しいもので条件がぴったり合うものを買えば、長く使えるので、お金の節約にもなります。

 

以上、“お金が貯まらない人がやりがちなNG習慣”3つをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

節約のことばかり考えていても楽しくはありませんが、日頃の習慣をちょっと変えるだけで確実に節約できたら嬉しいですよね。

まさに、“チリツモ”です。

習慣をかえてみて、気づけば黒字に変わっているはず! そう信じて、今日からコツコツ始めてみませんか?

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 「食費を節約したい人」は必ず実践すべき5つのテクニック

※ お宅は…大丈夫?「お金で揉める夫婦の年代」少ないのは50代、断トツで多いのは

※ 気づけば無駄遣い!「ネットスーパーで損する買い物の仕方」落とし穴7つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 飲ませてよかった! 渡辺美奈代もオススメの「驚きの成長促進ドリンク」とは

 

【参考】

※ 10 WAYS TO SAVE MONEY AT HOME - Good Housekeeping