築102年の古い家に住む夫婦が、ドーンという物音に驚いて目を覚ましたそうです。

ベッドにはバラバラと破片が落ちていますが、実はこれ、天井が剥がれ落ちたもの。

なんとテレビが突き抜けて、落っこちてきたというのです。

 

The Dangers Of Living In A 102 Year Old House

1.

寝室はこの通り、落ちたテレビと天井で大変なことに。

2.

とりあえずテレビをベッドの上に退避させたところ。

3.

こんな状況でありながら、テレビは無事だったとのことです。

4.
[画像を見る]
そして夫婦もケガはありませんでした。

5.
[画像を見る]
ここだけ見ると、元からこんな天井のデザインに見えますが……。

6.
[画像を見る]
元は真っ白でした。

7.
[画像を見る]
ドア回り。

老朽化した家ならではのハプニングですが、人が落ちなかったのは幸運だったと言えるかもしれませんね。

【海外の夫婦「築102年の家に住んでるけど、天井からテレビが落ちる音で目が覚めた」】を全て見る