【動画あり】ドラえもんの道具かよ! 指にはめるだけでぐっすり眠れるようになる「睡眠改善リング」が爆誕!!

写真拡大

人間にとって理想の睡眠時間は、1日8時間という話をよく聞くが、実際のところは体質によって個人差があるようで、3時間ほどの睡眠で十分な人もいれば、逆に10時間以上必要な人もいるらしい。

そんな中、睡眠を取るうえでどんな人にも重要だと言われているのが「睡眠の質」だ。良質な睡眠をとることによって、睡眠時間の長さに関係なく、ぐっすり眠れて疲れが取れ、目覚めもスッキリするのだとか。そこで今回は、指にはめるだけで睡眠の質を高められる……かもしれないスマートリングをご紹介したい。

・世界初の目覚ましデバイス「Thim」

資金調達サイト「キックスターター」に登場した世界初となる、睡眠の質の改善を目的とした目覚ましデバイスの名前は『Thim(シム)』である。

キックスターターの情報によると、このThimは睡眠研究の第一人者であるフリンダース大学名誉教授「ラック博士」の研究によって解明された睡眠の質の改善方法を原点とした製品だそうだ。

・眠りに落ちる感覚を身体に覚えさせる

気になるその改善方法だが、「眠りに落ちる → 3分後に起こされる」という動作を何度も繰り返すことによって、“眠りに落ちる感覚” を身体に覚えさせることが重要とのことである。

この “眠りに落ちる感覚” を学習した身体はその後、より上質で、長い睡眠を得られるようになるらしく、以前よりも30分早く眠りに着けるようになったり、70分長く快適な睡眠を取れるようになることが、研究により実証されているらしい。

・専用アプリでコントロール

使い方はカンタンで、スマホなどから専用アプリを立ち上げ、ThimとBluetoothで接続してモードを選択。あとはThimを好みの指に装着すれば、ユーザーが眠りに落ちたことを自動的にキャッチし、その3分後にバイブレーションで起こしてくれるそうだ。

この「眠りに落ちる → 3分後に起こされる」という動作を繰り返す時間は、専用アプリでの設定が可能で、推奨設定は60分間だという。なお、最適な仮眠をとるためのモードも用意されているようだぞ。

・寝ても疲れが取れない方は試す価値あり

キックスターター上でThimを入手する為に必要な出資額は2016年10月6日現在で、129ドル(約1万3000円)からとなっている。寝てもなかなか疲れが取れないという方は、このThimを試してみるのもいいかもしれない。

参照元:YouTube、Kickstarter「Thim」(英語)
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る