本気で自転車に乗る人に!プロレベルの解析力でペダリングを可視化しよう!

写真拡大

ロードバイクを楽しむ多くのサイクリストにとって、踏力(ペダルに伝わる力の大きさ=パワー)とペダリングの状態を把握することは、自身の走行能力を向上させるために大切なファクターです。

「ロードバイクを、もっと早く快適に走らせたい」
「トレーニングの記録を正確に知りたい」

そんな思いを後押ししてくれる、便利アイテムが誕生しました。自身のペダリングを可視化して、普段のトレーニングをサポートしてくれるモニターセンサーです。

 

■取得したデータはWeb解析サービスにアップロード!

 

パイオニアは、多様なクランクに対応した新型のペダリングモニターセンサー「Vモデル SGY-PM910V」を発売しました。

既に発売となっているサイクルコンピューター「SGX-CA500」を組み合わせることで、ペダリング1回転ごとの力の効率を示す“ペダリング効率”、左右それぞれのペダリング1回転ごとの“パワー値”、クランクの回転角度30度ごと(計12カ所)の“ 力の大きさと方向”をリアルタイムで表示・記録できます。

また、記録したデータを、Web解析サービス「シクロスフィア(https://cyclo-sphere.com/)」PC版とスマートフォン版に、手軽にアップロードも可能です。

左右のクランクに取り付けるひずみセンサーで、左右それぞれのクランクにかかる力(接線方向、法線方向)の大きさと方向をクランクの回転角度30度ごと(計12カ所)にリアルタイムで計測し、そのデータをサイクルコンピューター「SGX-CA500」に送信。左脚・右脚それぞれの踏力を計測するので、自分のペダリングの特徴や癖を詳細に把握できます。

また、入門者にも購入しやすいよう、片足だけのシングルタイプもあります。

sub2 ペダリングモニターセンサー シングルタイプ(R) 「SGY-PM910VR」

 

sub1 ペダリングモニターセンサー シングルタイプ(L) 「SGY-PM910VL」

 

希望小売価格は13万99680円。左右どちらかのシングルタイプは8万784円。10月下旬発売予定です。

がむしゃらに走るだけではトレーニング効果も分かりづらいし、モチベーションの維持もつらくなることがありますよね。「SGY-PM910V」をトレーニングのおともにして、楽しいサイクルライフを送りましょう!

Pioneer >> http://pioneer.jp/

 

[関連記事]
ハンドルのLEDがナビしてくれる未来派自転車がカッコいい

この手があった!自転車の空気入れがシートポストの中に入りました

便利ギアで安心!自転車のライトで後ろから来るクルマも分かる!

(文/&GP編集部)