【趣味のためのクルマ選び】荷物積むなら“BOSEナシ”が正解!マツダ CX-3

写真拡大

マツダ「CX-3」を街で見かけると、「オッ!」と思い、目で追ってしまいます。

なんというか、マツダデザインのいいところが「ギュウウウゥゥ」と凝縮されたような、小気味いいコンパクトSUVですね! 5ドアハッチの「デミオ」も、スポーティで魅力的なルックスの持ち主ですが、「どうせコンパクトカーを買うなら、CX-3を…」と考えている人も多いのではないでしょうか?

マツダ CX-3

かつては“クロカン”とか“オフローダー”、はたまた“ヨンク”なんて総称されていたカテゴリーが、昨今では“SUV”という呼び名ですっかり定着しました。個々のモデルの成り立ちや用途、メカニズムを考慮せずに、十把一絡げにSUVとくくることに、抵抗を覚える方がいるかもしれませんが、そこはそれ。商品は生き物ですから…。

比較的大型のモデルから始まったSUV市場の激戦区は、次第にダウンサイジングしていって、最近では“コンパクトSUV”が最もアツい分野となっています。結果的に、主要メーカーはSUVをフルラインナップそろえることになりました。

先日、メルセデス・ベンツは、SUV系モデルを表す「GL」に、伝統的なヒエラルヒーの記号、C、E、Sを加えるネーミングを採用しました。セダンやワゴンと並んで、SUVという車型が、一般化かつ固定化した象徴的な出来事といえましょう。

ターゲットユーザーは異なれど、広島の自動車メーカーも、今回採り上げるCX-3に加え、「CX-4」(中国市場向け)、「CX-5」、「CX-9」(北米・豪州市場など向け)と、いち早くラインアップを充実させています。

デミオのSUV版たるCX-3は、全車ディーゼルエンジンを搭載という、尖った構成を採っています。フロントに搭載するのは、“ナチュラル・サウンド・スムーザー”をイの一番に装備して、ディーゼルらしからぬスムーズで静かなフィールを実現した1.5リッターのディーゼルターボ(105馬力/27.5kg-m)。組み合わされるトランスミッションは、6速ATに加え、同じ価格で3ペダル式の6速MTも用意されます!

マツダ CX-3

駆動方式は、FF(前輪駆動)と、軽量&高効率がジマンの“i-ACTIV AWD”こと4輪駆動から選べます。CX-3は、単なるエントリーSUVではなく、マツダの心意気を示す“ショーケース”としての役割も担っているのです。

特にクルママニアならずとも、時代の空気に敏感な人なら、「CX-3を日常のアシに、そして、休日には趣味の道具にできないか?」と検討することもあるでしょう。デミオのディーゼルモデルが178万2000円から提供されるのに対し、SUV版たるCX-3は、最廉価の「XD」(FF)でも237万6000円。コンパクトモデルとしては、ちょっとたじろぐ(!?)価格差ですが、おかげで、良くも悪くも、ある程度の希少性が担保されそうです。

■“BOSE付き”の荷室床下は(ほぼ)ウーハー置き場だった…

さっそく、トレンディ(死語)なカメラマンと見なされることを夢見て、CX-3の荷室に機材を積んでみました。

始めにテストしたモデルは、「XD ツーリング Lパッケージ」(FF/6AT/280万8000円)。18インチホイールを履き、 レザーとスエードのコンビネーションシートがおごられ、“スマートブレーキアシスト”、“車線逸脱警報システム”、このところ話題の“ハイビームコントロールシステム”など、安全装備をさらに豊富に装備した最上級のCX-3です。

勇んでハッチゲートを開けると、思わず「うーん」とうなってしまうほど限られたスペース。スクエアな形状で使いやすそうですが…。メジャーを取り出して実寸しみると、床面の最大幅は100cm。奥行きは70cm。荷室カバーまでの高さは41cm。

マツダ CX-3

「これは厳しいなぁ」とつぶやきながら、しかし、以前試したBMW「X1」は、床下に思わぬスペースがあって重宝したことを思い出し、フロアボードをめくってみると、あららら…。豪華仕様の試乗車は、オプションの“BOSEサウンドシステム+7スピーカー”(6万4800円)が追加装備されていて、床下は(ほぼ)ウーハー置き場となっていました。

この状態で荷室をチェックするのは忍びないので、後日、「XDツーリング」(4WD/6MT/281万8800円)に乗る機会があった際に、改めて機材を積み込んでみました。

ラゲッジスペースの計測用に使ったのは、例のごとく、国内線の機内に持ち込み可能なカメラバッグ、3段の脚立、長さ120cmのライトスタンドバッグ、三脚、レフ板セット、ふたつの大型ストロボ、そして、メイクさんが持参するバッグを模したトラベルケースです。

マツダ CX-3

リアシートを倒した時に、面イチになる高さに設けられたフロアボード。その下には、約15cmの深さの収納スペースが用意されます。フロアボードの位置で、2段階に深さを変えられます。

マツダ CX-3

リアシートは3:2の分割可倒式になっているので、狭い方を倒し、ライトスタンドバッグを載せます。1mを超える長尺物を載せる時には、4名乗車になることを覚悟した方がよさそうです。幸い、そのほかの機材はキッチリ積むことができました。

マツダ CX-3

フロアボードと荷室カバーを外し、天井までフルフルに使えば、天地80cmほどの寸法が採れます。ただ、リアガラスの部分がスタイリッシュに前方へ傾いているので、荷室上部の奥行きは40cmほど。絶対的な搭載量は、あまり期待できません。

CX-3は、バリバリの“ツール”として活用する…というよりは、“今の気分”を全身にまとって都市を回遊する、そんな使い方が似合っているようです。もちろん、リアシートを片方倒し、パートナーと出掛けるといった“アクティブな週末”もアリですよ!

<SPECIFICATIONS>
☆XD ツーリング Lパッケージ
ボディサイズ:L4275×W1765×H1550mm
車重:1270kg(i-ELOOP装備)
駆動方式:FF
エンジン:1498cc 直列4気筒 DOHC ディーゼルターボ
トランスミッション:6AT
最高出力:105馬力/4000回転
最大トルク:27.5kg-m/1600〜2500回転
価格:280万8000円

(文&写真/ダン・アオキ)

【マツダ アクセラ試乗】手頃な1.5ディーゼル登場!知恵と工夫で走りがスムーズに
【マツダ新デミオ試乗】改良版ディーゼルで静かさと力強さ、さらにアップ!
【趣味のためのクルマ選び】荷室床下の収納庫が便利すぎ!BMW X1