2週間でウエスト−4センチ!くびれをつくる「3分間腹筋運動」

写真拡大 (全7枚)

男女問わずに憧れる腹筋の縦線。しかしなかなか現実には難しくて、諦めてしまった人も多いのではないでしょうか。

お腹ぽっこりになる方は食事のカロリーなどを気にしがちですが、それだけではなく“座り姿勢”もお腹ぽっこりを作ってしまう大きな原因のひとつなんです。

背中を丸めた姿勢や、足を組みながらの座り姿勢を続けていると、まったくお腹に力が入らなくなり、贅肉はどんどん溜まってしまいます。さらに、くびれを司る骨盤から腰周りにかけての骨格がゆがんでしまうことも。そうなると、ボディラインをシャープにしたくても、元の骨格が歪んでいては効果が激減してしまいます。

そこで今回は姿勢調律士である筆者が、腹筋に効く座り方と腹筋トレーニングをご紹介します。

■座るときは“L字”で

まずは毎日の習慣から見直し、基本となる筋力を手に入れましょう。写真下の左側がNGな座り方で、右側がお勧めの座り方です。“Lで座る”ことを意識し、骨盤をしっかりと立てて姿勢を正しましょう。

111

■くびれをつくる究極の腹筋“クリスクロス”

クリスクロスとは、ピラティスエクササイズの代表的なひとつです。筆者自身もこのエクササイズを続けてからは、お腹の縦ラインをキープでき、さらには食べても太らない体質になったことを実感しています。

(1)仰向けポジションからスタート

222

まずは仰向けになり、両手は頭の後ろに置きましょう。そして両足を持ち上げます。その際、足の力を抜きたいので、足の重さをしっかりとお腹に乗せるイメージを持ってください。

(2)クロスさせる

333

鼻から息を吸い、口から息を吐きながら、肘と膝をクロスであわせるように近づけます。その際、反対の足は伸ばしますが床から必ず浮かせましょう。ウエストがしっかりと締められているイメージとお腹を引っ込めることがポイントです。

クロスをしたらそのまま呼吸を行っていきます。息を吐いたときにおへそを床へと近づけるイメージでしっかりと引っ込めてください。これを左右5セット繰り返します。

444

毎日5セットの2週間でなんと-4センチのくびれが手に入った方もいます! 継続は力なり、ぜひ続けてみてくださいね。

【筆者略歴】

野口早苗 ・・・3歳からのダンス経験を生かし国内外でプロダンサーとして活躍後、姿勢調律士として正しい姿勢の普及活動を行う。姿勢によって、より心と身体を健やかに美しく磨くための方法をご紹介。

【画像】

※ gpointstudio / Shutterstock