落としきれない汚れが原因!? 「ごわごわ剛毛」をサラサラにする方法

写真拡大 (全6枚)

日本人に多い“太くてかたい”髪質。それに加えて最近は、髪にクセのある方が増えてきた印象を受けます。髪がごわごわしてしまって、広がったり、まとまりづらいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

もちろん髪質は生まれ持ったものですから、なかなか変えることは難しいのですが、様々な方法で改善していくことは可能です。

そこで今回は、美容師の筆者がごわごわ剛毛をサラサラにする方法ををお伝えいたします。

■ごわごわ剛毛になる主な原因3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

髪がごわごわとしてしまう原因として、主に以下の3つが挙げられます。

・汚れが落ちきれていない

・髪がダメージで痛んでいる

・もともと持っているクセ

著者の経験からすると、大半の方が”汚れが落ちていない”ことが原因で髪がごわごわしたり、広がってまとまりづらくなっているようです。

スキンケアでも保湿の前にクレンジングをするように、まずはしっかりとシャンプーや十分なすすぎで汚れを落としてトリートメントなどの保湿を行いましょう。

■髪質は変わる!ごわごわ剛毛の改善方法

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

(1)炭酸ヘッドスパ

先ほど述べたように、まずは”クレンジング”が大事です。

普段のシャンプーやすすぎなどでは汚れが落ちきれない場合があります。そんなときは、炭酸ヘッドスパを試してみましょう。炭酸とヘッドスパを組み合わせることにより血行を促進し、普段落ちきれない汚れも落としやすくしてくれます。

実際体験してみるとわかるのですが、汚れが落ちると髪の量が減った感じになり、サラサラとまとまりやすくなります。

(2)サロンでのトリートメント

汚れをしっかり落としても手触りが悪かったり髪の毛が落ち着かない方には、サロンでのトリートメントをお勧めします。美容室ではあなたの髪質に合った配合でトリートメントを作るので、高い効果を得やすくなります。

(3)縮毛矯正

クセが原因で剛毛になっている場合は、矯正縮毛をしてしまうのもひとつの方法です。

いくらトリートメントをしても落ち着かないのは、髪本来のクセが原因だといえます。クセにより広がりと引っかかりが生まれているのです。

「縮毛矯正って髪が痛みませんか?」という声も聞かれますが、確かに多少はダメージを受けてしまいます。しかし縮毛矯正の技術の高いお店で行えば、髪へのダメージは最小限に、あなたにあった技術でこれまでとは全く違う手触りの髪を手に入れることができるでしょう。

いかがでしょうか? 普段のメイクも1日に1度はクレンジングするように、髪の毛もクレンジングが大切です。

トリートメントも落とさずそのまま繰り返していると、トリートメントが重なりサラサラになるどころか、ごわごわになってしまうこともあります。

また、髪質のことは専門的な知識がとても役に立つので、分からないことや困っていることがあれば担当のスタイリストに相談してみましょう。きっとあなたにピッタリな方法を教えてくれるはずですよ。

【筆者概略】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で『川田美容室』を設立。お客様が楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、HP・ブログ・LINE@などでも日々のケアなどを発信。アフターフォーローにも務めている。

【画像】

※ ardni,Nina Buday,prudkov / Shutterstock