筋トレ中の人に!部位ごとの筋質を評価してくれるタニタの最新体組成計

写真拡大

ダイエット中、または筋肉好きのみなさま、ついにタニタから新型体組成計が登場します。

11月11日に発売される最新モデル「インナースキャンデュアル RD-800」には、部位ごとの“筋質”を評価する新機能を搭載。26項目を計測・表示するほか、スマホと連携し対応アプリ「ヘルスプラネット」でいつもデータを管理ができます。要するに、より詳しく体の状態が分かるようになるんです!

 

■体中いろんな部位の“筋質”を計ってみたくなる!

 

「RD-800」は、医療機関や研究施設などで使用されるプロフェッショナル仕様の体組成計と同じ、ふたつの周波数で計測する先進技術を採用。

これにより全身だけでなく、部位ごとに筋肉の質を評価する“筋質点数”のチェックが可能となりました。筋質の変化を把握することで、効率的なトレーニングの実践に役立てられます。

 計測・表示項目は、体重、筋肉量(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、筋質点数 (全身・右腕・左腕・右脚・左脚)、MBA判定※3、脈拍、体脂肪率(全身・体幹部・ 右腕・左腕・右脚・左脚)、BMI、体水分率、推定骨量、基礎代謝量、体内年齢、内臓 脂肪レベルの26項目
計測・表示項目は、体重、筋肉量(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、筋質点数(全身・右腕・左腕・右脚・左脚)、MBA判定、脈拍、体脂肪率(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、BMI、体水分率、推定骨量、基礎代謝量、体内年齢、内臓脂肪レベルの26項目。

 

また、新たに開発した「脈拍測定機能」には、脈拍測定のゴールデンスタンダードとされている心臓の拍動に伴う電位差をモニターする方式を採用。この機能により、心肺機能のベンチマークとなる平常時脈拍数を把握できるほか、対応アプリ「ヘルスプラネット」上ではトレーニングの目安となる目標脈拍数を確認できます。

さらに“正確測定アシスト機能”により、計測値が不安定になる非安静時に計測した場合には再計測を促してくれるので、より高い精度を実現しています。

tanita1 対応アプリ「ヘルスプラネット」でパーソナルデータを管理できる。

 

細かく筋肉の部位別に計測できるところがポイントだ。 細かく筋肉の部位別に計測できるところがポイントだ。

 

今回の発売にあわせて、タニタはスポーツトレーナーやアスリートに「RD-800」を提供する「筋質チェックモニター」を募集開始。トレーニングの現場で実際に使うとともに、そのノウハウを集めて発信していくことで、アスリートのからだづくりをサポートしていくそう。

同時に、10月31日から11月12日まで、丸の内タニタ食堂(東京都千代田区)で「アスリートメニュー」を提供。からだづくりに欠かせない栄養素であるたんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含んだ定食を週替わりで提供するとのことです。

タニタ「RD-800」>> http://www.tanita.co.jp/product/g/_TRD800BK/

 

[関連記事]
アプリが将来の体重を予測!ダイエットをサポートしてくれます

中身より見た目?重要なのは“体重”よりも“体型”!

座ったままでダイエット!リビングで楽々“ながら” トレーニング

(文/&GP編集部)