死にゆく息子のために父がつくったゲーム「That Dragon, Cancer」、iPhoneに登場

写真拡大

愛する息子の命が長くないことを知った父親が、息子のためにつくったゲーム「That Dragon, Cancer」。2016年1月からPC用に発売され話題を呼んだ本作が、App Storeに登場。答えのない人生の「喪失」をプレイする、最も深遠なゲームである。

2012年11月のある日、ライアン・グリーンはゲームをつくることを決めた。それは彼の4歳の息子ジョエルのがんが末期であり、余命は4カ月だと医師に告げられた日だった──。

「死にゆく息子のために父がつくったゲーム「That Dragon, Cancer」、iPhoneに登場」の写真・リンク付きの記事はこちら

死にゆく息子のために父がつくったゲーム、「That Dragon, Cancer」。ライアンが息子との思い出と彼が頭のなかで描いていたであろう神秘的な世界をゲームで表現したもので、Kickstarterで10万ドル以上を集めて制作。2016年1月からPC(Mac・Windows)とゲーム機「Ouya」向けに発売された作品だ。

ニューヨーク・タイムズ』や『ウォール・ストリート・ジャーナル』といった数々のメディアで取り上げられ話題となったこの深遠なるゲーム(『WIRED』日本版Vol.22でもライアンとその家族が「That Dragon, Cancer」をつくり上げるまでのロングストーリーを掲載している)が、10月からApp Storeに登場(600円)。iPhoneでもプレイできるようになった。

「ぼくはこのゲームを、悲しみと闘う手段にしてきたんです」と、先述した『WIRED』の記事のなかでライアンは語っている。ゲームづくりは彼にとって、ジョエルの病気と向き合い、息子を理解し、息子とつながり、その記憶を少しでも長くとどめておくための手段になったのだと。

多くのゲームと異なり、「That Dragon, Cancer」には明確な“答え”はない。プレイヤーはどうしようもならない現実を前に、為す術なく流されていく。そんな状況はときに人を混乱させるかもしれないが、同時に残酷でも美しい瞬間をプレイヤーに体験させてくれる。まさにライアンたちが、ジョエルの死と向き合うなかで体験したのと同じように。

RELATED

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。