左から藤竜也、上野樹里、リリー・フランキー、タナダユキ監督

写真拡大

映画『お父さんと伊藤さん』の初日舞台挨拶が10月8日に新宿バルト9で行われ、主演の上野樹里をはじめ、リリー・フランキー、藤竜也、タナダユキ監督が登壇した。

[動画]新婚の上野樹里「ありもの」で作った料理に、リリー・フランキー「ありものが良すぎる」/『お父さんと伊藤さん』プレミア上映会

本作は、ある日突然、お父さん(74歳)が彩(34歳)と伊藤さん(54歳)が暮らすアパートにやって来るところからはじまるストーリー。爆弾のように激しい性格のお父さんは、2人の穏やかだった日常を嵐のようにかき乱していく。お父さんを藤、彩を上野、伊藤さんをリリーが演じている。

この日は満席の会場から大きな拍手で迎えられた登壇者たち。3年ぶりの主演映画初日を迎えた上野は、心境を聞かれると「公開前から予想以上に反響も大きく、たくさん取材を受けることになり、こうやって今みなさんの前に立てて、感激しています!」と喜びの気持ちを伝えた。

また、突然娘の家で居候を始める厳格なお父さん役を演じた藤は「普通つまらなかったらお客さん帰っちゃうけど、上映後もこうやって多くの人が残ってくれてホッとしました」と挨拶。主人公・彩の20歳年上の彼氏を演じたリリーは「こんな雨がふりしきる中、『君の名は。』にも『シン・ゴジラ』にも行かず、『お父さんと伊藤さん』の初日に駆けつけていただき、みなさんの“心の健やかさ”に感謝しています」と話し場内から大きな笑いが。

今回のプロモーションで100社近くの取材を受けてきた上野は、取材時のエピソードを聞かれると、「女性インタビュアーの方と好きなシーンについて話していたら、2人でポロポロ涙しながらインタビューを受けていたことが何回かありました(笑)」と驚きのエピソードを披露。すると藤も「僕も取材中に40代ぐらいの男性が目を潤ませていたことが何回かありました」と続け、リリーからは「僕が『SCOOP!』の取材を受けていた時はみんな半笑いでしたけどね」と劇中のシーンさながらの楽しい掛け合いも見られた。

さらに藤からは「お昼に僕の地元の横浜で舞台挨拶(横浜ブルク13にて)をしてきたんだけど、妻や地元の仲間30人ぐらいが見てくれてね。さっき電話で感想を聞いたら、今、中華街の王将でご飯を食べながら、エンディングについてみんなで議論してるんだって」とさっそく反響がでているとの報告が。

また今回、3人をキャストとして起用した感想を聞かれたタナダ監督は「みなさんそれぞれ役について入念に準備して本番を迎えていながらも、お互いの反応を見て相手に合わせながらの自然なお芝居ができる。撮影中でも編集の段階でも、毎回驚きがあり、どのカットを使うか悩みました」と嬉しい苦労話も披露していた。