犬の先祖は狼

皆さんもきっと、「犬の祖先は狼だ」という説を聞いたことがあるかと思います。
今も世界中で研究され、様々な説が出ていますが、それらの研究の結果をみても、多くの研究者は【犬の祖先は狼であろう】言う考えが支持されています。
考古学的に言うと、14,000~15,000年前頃に犬として人間と生活が始まったのではないかとされています。

では、犬の先祖とされている狼はどんな狼だったのでしょうか?

ハイイロオオカミが犬の先祖!?

狼は世界中に生息していますが、ある地域で狼が人間に懐いて犬化し、それが世界中に広まったのだと言われています。
そして研究者によって犬の『DNA】』が調査され、その結果、犬の先祖は『ハイイロオオカミ』である事が判明しました。
また、ハイイロオオカミは別名『タイリクオオカミ』とも言われています。

どうですか?この眼の鋭さは犬にはありませんね。
良く言えば 戦士の眼、悪く言えば無頼の眼とでも言うのでしょうか?
その点、犬の目はクリクリとした可愛い眼が多いですよね。
この様に、ほぼ同じ遺伝子を持っていても眼ひとつ取っても違いがあります。
因みに日本国内の登録犬種で狼に一番遺伝子が近いのは柴犬だそうです。

犬と狼の違いは?

<体格の差>

現在、様々な犬種があり、小型犬や大型犬など大きさも様々。
しかし一般的に犬より狼の方が体が大きく、狼の体高は60〜90cmくらいで、犬の体高は平均で50〜60cmくらいです。
この様に狼と犬とではかなり『体格差』がありますね。
動物の研究者達は『ハイイロオオカミが人間と一緒に生活し始めた事で、現在の犬の大きさになっていった』と発言しています。

<歯の大きさ>

狼は犬に比べると全体的に頭と歯が大きいです。

この違いは『生活環境』にあります。
狼は自然の中で生活し、自分達で群れを作り協力しながら獲物を確保しています。
そのため獲物を捕まえ肉や骨を細かく噛み砕くために、大きくて硬い歯が必要なのです。
犬は人間に飼われ食事を与えられていますので、それ程硬い物は口にする事はありませんので、だから犬の歯は狼よりも小さいのです。
そして、歯が大きいと当然頭も大きくなります。

この様に、それぞれ生活環境に適した頭と歯の大きさになったと言う事です。

<肉球の違い>

犬と狼では肉球の形が違います。
犬の肉球は非常に丸くてとても可愛らしい形をしていますが、それは野山を走る必要がないため自然と丸い形になったのです。
そして前足も首に近づいた位置にあります。

対して、狼の肉球は犬と比べて細長い形をしています。
前足も犬よりも後方にあります。
これは狩りで獲物を捕獲するのに、長い距離を早く走るために自然と肉球が細長い形になっているのです。
また、犬より後方にある前足は、俊敏に動き回ったり素早く走り出すためのものだと言われています。

<その他の違い>狼の足は犬よりも大きい。犬の尻尾は狼よりも小さいく、種類によっては巻尾もありますが狼には巻尾が見られない。犬は人間に懐くが、狼は幼い頃から育てても里親とは認識しても従属させるのは難しい。犬は生後6〜9ヶ月で成犬になりますが狼は生後2年くらいで成熟する。狼が産む子供の数は犬の半数程。狼は犬より顎の力が遥かに強い。狼は顎の筋肉が多く頬骨が高いため、犬よりも眼が釣り上がって見える。

犬と狼は交配可能

犬は狼の亜種とされていますので交配が可能であり子孫も作る事が出来ます。
その代表的な混血種が『ウルフドッグ』、日本で狼犬と言われています。
因みにFCIで公認犬種として登録されている狼犬は、『サーロス・ウルフホンド』と『チェコスロバキアン・ウルフドッグ』と言う犬種です。

狼の様な風貌を好む愛好家も多いそうですよ。

まとめ

狼は狼で犬とはまた違った魅力がありますが、果たしてどちらが賢いのでしょうか?
狩りに関していえば経験値の違いで犬は狼には勝てないでしょう。
こちらは狼に軍配が上がります。
しかし総合的な知能となればどうでしょう?

以前テレビで犬と狼はどちらが賢いのか実験のシーンを観た事があります。
肉を透明の箱に入れ、匂いが外に漏れる様に小さな穴が幾つか開けられていました。
もちろん前足や鼻先が入るような穴ではありません。
それを見た犬と狼はどう反応するかです。

犬も狼も最初は必死で肉を取ろうとして前足や牙を使って色々やっていました。
しかし箱は開きません。
その後の両者の反応が大きく違ったのです。
狼はどうしても箱が開かないと悟ると、肉を取るのを諦めてしまいましたが、犬は傍にいた人間の顔を見たのです。
この行動は『人間に肉を取ってもらおう』と言う意識が働いたからです。
これは大昔から人間と生活をしていた故の知恵なのです。
狼は家畜化してませんので、この行動は取れないでしょう。

私は犬が好きですので、どうしてもひいき目に見てしまいますが、餌を自分で獲らずに楽して人間から与えてもらおうと考えた犬の先祖は非常に賢いと思います。
したがって・・・賢さは『犬の勝ち』です。
狼好きの方、ごめんなさい。

結局は犬の自慢話になってしまいましたね。
『犬達よ、更に人間と仲良くして、もっともっと賢くなっておくれ』