視覚障害の男性が線路に転落 「酒に酔っていた」

ざっくり言うと

  • JR中央線西国分寺駅のホームで9日、視覚障害のある男性が線路に転落した
  • 救助された際に「酒に酔っていた」などと話していたという
  • 男性は乗り換えの途中で、白杖を持っていたが付き添いはいなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング