「悲運の皇子」惟喬親王しのぶ法要 135年ぶりに営まれることに

ざっくり言うと

  • 文徳天皇の第1皇子の惟喬親王をしのぶ法要が10日、京都市で営まれる
  • 近年に史料が相次いで見つかり、135年前までは実施されていたと判明
  • 惟喬親王は20代で出家を余儀なくされた「悲運の皇子」として知られる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング