『ピーターラビットのおはなし』(ビアトリクス・ポター、訳:いしいももこ/福音館書店)

写真拡大

 絵本や雑貨などで誰もが一度は目にしたことのある、青い上着を着たウサギのキャラクター“ピーターラビット”が、アニメーションと実写の融合映画として制作されることが明らかとなった。150年も前に誕生し、今でも愛され続けているピーターラビットの映画とあり、「わぁ! ピーターラビット大好きだから映画化とかすごい嬉しい」「アニメと実写なんて素敵! ピーターが現実の世界で飛び回るんだろうな、楽しみ〜」と多くの期待の声が上がっている。

 ピーターラビットはビアトリクス・ポターが1902年に刊行した“ピーターラビットシリーズ”第1作『ピーターラビットのおはなし』の中で誕生したキャラクター。同作の誕生のきっかけは、1893年9月にポターが5歳の少年・ノエルにあてて書いた絵手紙だったという。物語は、イギリスの田舎の農園を舞台に進行する。いたずら好きのピーターは母親の言いつけを守らず、マグレガーさんの畑に忍び込む。レタスにさやいんげん、はつか大根などを食べ終わり、パセリを探そうとしたとき、ばったりマグレガーさんと出くわしてしまう。「どろぼうだ!」と追い掛け回されたピーターは、上着を脱ぎ捨てて命からがら逃げだす――。

 ポターはノエルのために書いたこの話を絵本にしたいと考えるが、中々出版には至らなかった。しかし1901年に250部の自費出版を経て、翌年ようやく全ての絵に色付けをした絵本を発売することに。初版は予約のみで完売し、2年足らずの間に5万部を超えるベストセラーとなる。その後も世界中で売れ続け、現時点で全世界で4,500万部以上を売り上げたというから驚きだ。

 その後もピーターのいとこのベンジャミンバニーが、ピーターとともにマグレガーさんの畑のかかしに着せられたピーターの上着を取り返しに行く物語『ベンジャミンバニーのおはなし』や、ピーターの妹のフロプシーとベンジャミンの間に産まれた6匹の子ウサギがマグレガーさんによって袋に閉じ込められてしまう話『フロプシーのこどもたち』ほか、多くの作品が生み出された。

 ファンからは「絵が優しくて、緻密に描かれていて、とにかく可愛いので眺めているだけでも楽しい!」「子ウサギたちがマグレガーさんに袋に詰められてしまったりするようなドキドキハラハラの展開も多く、読んでいると夢中になっちゃう」「ポターの動物たちに対する温かいまなざしが伝わってきて、どの物語も心がほっこりとしてきます!」「動物たちが写実的で、生き生きと動き回っているのが素敵! 子供のころからずっと大好き」と熱い支持を得ている。

 世界中で大人気のピーターラビットは過去に映画化もされており、1971年にはイギリスのロイヤルバレエ団によって実写映画「ピーターラビットと仲間たち ザ・バレエ」を制作。『あひるのジマイマのおはなし』や『こぶたのピグリン・ブランドのおはなし』など、いくつかの物語をバレエによってメドレー式に演じていくというもので、華麗な舞踏や動物らしい仕草に原作ファンから好評の声が上がった。

 2006年には作者・ポターの生涯を追った『ミス・ポター』が『ブリジット・ジョーンズの日記』で知られるレニー・ゼルウィガー主演で公開されたのだが、ポターのあまり知られていない恋模様や、ポターの絵が世界に影響を与える様子が描かれ「魅力的なポターの人となりを知って、よりピーターラビットが好きになった!」「今まで知ることのなかったピーターラビットが本になるまでの苦労が描かれていてすごく面白い」とファンの心を掴むことに。

 そしてこの度、ピーターラビットが長編映画化されるのだが、ヒロイン・ビー役を映画「ANNIE/アニー」でグレース役を務めたローズ・バーンが、ピーターラビットの声を映画「イントゥ・ザ・ウッズ」でパン屋の主人を演じ、トーク番組の司会などを務めるジェームズ・コーデンが担当することが決定。また監督は映画「ステイ・フレンズ」や「ANNIE/アニー」を手掛けたウィル・グラックが担当する。物語の詳細は明かされていないが、ピーターラビットとマグレガーおじさんのライバル関係が楽しく映し出されるという。

 アニメーションと実写の融合ということで、ファンは「どんな物語が展開するんだろう!? わくわくしちゃう!」「絵本から飛び出したままのピーターがリアルなマグレガーおじさんと追いかけっこするの!? 想像しただけで楽しくなっちゃう!」「早く公開してほしー! 子供と一緒に見に行きたい」「ピーターラビットの映画はこれまでも名作ばかり! 今回も名作の予感するし絶対行く!」と期待に胸を膨らませている。

 公開日やストーリーなどがまだわからないにもかかわらず、多くのファンが大注目している映画版「ピーターラビット」。スクリーンで動き回るピーターや仲間たちを想像しつつ、続報を楽しみに待とう!

■映画版「ピーターラビット」
公開日:未定
原作:ビアトリクス・ポター
製作・監督・脚本:ウィル・グラック
出演:ローズ・バーン、ジェームズ・コーデン、デイジー・リドリー ほか
製作:ソニーピクチャーズエンタテインメント