電子タバコとは?

電子タバコとは、簡単に言えば煙の代わりに水蒸気を吸い込む器具です。
普通のタバコと同じくらいの大きさ〜二回りほど大きい筒状になっていて、カートリッジに入った液体や専用の乾燥葉をバッテリーで加熱することで水蒸気を発生させます。
普通の紙巻きタバコに近い味のするものから、ミントやバニラなどのフレーバーを楽しむものまで、たくさんの種類の製品が発売されています。

海外の電子タバコ事情

海外ではニコチン入りの液体カートリッジが販売されていて、市場規模も拡大しています。
紙巻きタバコから、周囲に迷惑をかけない電子タバコに切り替える人が多いそうです。禁煙の第一歩として、副流煙なしでニコチンが摂取できる電子タバコを愛用する方もいます。

日本の電子タバコ事情

わたしもフレーバーのリキッドタイプを店頭で試してみたことがあります。吸い込んで息を吐くと、普通のタバコの3倍ぐらいの水蒸気が口から出てきました。
でも中身はレモン風味のリキッドなので体に害はなく、アロマディフューザーの水蒸気を吸い込んだような感じでした。
乾燥葉タイプや一部のリキッドタイプには、より普通のタバコに近い吸い心地を再現したものもあるようです。水蒸気が出ず、吸う感覚だけを楽しむ製品も販売されています。

一番のメリットは、液体カートリッジタイプにはタバコの有害物質であるニコチンが含まれないこと。日本ではニコチン入りのリキッドが販売されていません。ニコチンが入っているのは、乾燥葉タイプだけです。

”日本では発売していないから平気だろう”と思うかもしれませんが、ニコチン入りカートリッジを使う電子タバコを海外旅行に行った方からお土産としてもらう場合もありますし、日本にいても輸入を代行するサイトなどから簡単に購入することもできてしまいます!

従来のタバコよりも危険!

普通のタバコと違って、水蒸気だから愛犬にも安心!そう思う方も多いかもしれません。わたしもそう考えて、電子タバコの購入を考えました。
ですが、先ほどご紹介したニコチン入りの液体カートリッジは、普通のタバコ以上に愛犬を危険にさらします。
なぜなら液体には普通のタバコより多くのニコチンが含まれていて、犬が誤ってなめてしまうと、重篤な中毒症状が出てしまうからです。

アメリカの「アニマル・ポイズン・コントロールセンター」は、電子タバコの液体について、次のように指摘しています。
”電子タバコの液体は、電子タバコのカートリッジを補充するためのものです。ボトルに含まれるニコチンは、摂取した犬の命を簡単に奪うほどの量です。液体には味や香りがつけられており、製品に惹きつけられるような工夫が凝らされています。私たちは、ペットのご家族に全てのタバコ関連製品をペットから遠ざけるよう勧めています。口にしてしまった時は、すぐに獣医師に相談してください”

カートリッジ交換の際に液体がもれたり、犬がイタズラのつもりで電子タバコをくわえたとき、液体が口の粘膜や皮膚から体内に取り込まれたりする危険があります。粘膜や皮膚から入り込んだニコチンは肝臓を通過しないため、重篤な状態になってしまうのです。
バニラなどのフレーバーの匂いに惹きつけられて、犬がくわえてしまう可能性があるだけに、従来の紙巻きタバコより危険だと言えます。

海外では死亡事故も…

実際に、イギリスでは液体カートリッジによる犬の死亡事故が起きてしまいました。
2012年、1歳2ヶ月のスタッフォードシャー・ブル・テリアが、飼い主が落としたニコチン入りのカプセルを噛んでしまったのです。遊びたい盛りの年頃ですから、落ちてきたものを瞬時に口にしたのでしょう。

なめたニコチンは少量だったそうですが、次の瞬間には泡をふいて倒れるという重症に陥りました。
動物病院にすぐに駆けつけ、事故から15分後に治療が始まったそうですが、この子は急性ニコチン中毒により、翌日亡くなってしまいました。

まとめ

愛犬によかれと思って購入しようとした電子タバコでしたが、ニコチン入りの液体を使う製品の場合、普通のタバコより危険だとわかって考え込んでしまいました。

少量の液体をなめただけで中毒死というのは、恐ろしいです。
副流煙がないというのは大きなメリットですが、使用する場合は絶対に犬が口にしないように管理を徹底する必要があります。それでも事故が起こらないとは限らないし……。

単にバニラ等の香りを楽しむだけならともかく、普通のタバコの代わりに吸うのは絶対にやめようと思いました。
もしすでに使っている方は、輸入品に十分気をつけてください!