レタス? 日本の巧みの技!食品サンプルの世界

写真拡大

CCHAN Lifestyle

■手順
1. 42℃〜43℃のお湯を鍋に入れる
2. 白色のロウをおたま1杯分すくい、お湯の中に低い位置から流し込む。凝固した白い膜を手で持ちあげながら、緑色のロウを流し込む。膜を水中で裏返しにすると水流によってレタス独特のシワが表現される
3. お湯から取り出し、ロウが固まらないうちに形を整える。その間、約2分。これぞ巧みの技!