MF宮澤ひなた(8番)らの活躍でU-17日本女子代表が準々決勝に駒を進めた

写真拡大

[10.8 U-17女子W杯GL第3節 日本3-2アメリカ]

 U-17日本女子代表(リトルなでしこ)は8日、ヨルダンで開催されているU-17女子W杯のグループリーグ第3節でU-17アメリカ女子代表と対戦し、3-2で勝利した。3連勝でグループ首位通過を決めた日本は、13日の準々決勝でC組2位のU-17イングランド代表と対戦する。

 日本は前半33分、相手GKのゴールキックからヘッドで後方にそらしてしまったボールがFWアシュリー・サンチェスにつながってしまい、そのまま裏に抜け出されて、先制点を許してしまう。それでも、1点ビハインドの後半8分に同点に追いつく。左CKからFW植木理子が頭で合わせ、相手DFにブロックされたが、植木自らがこれに詰めてヘディングシュートを突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。

 なおも攻め込む日本は後半30分、MF宮澤ひなたのダイレクトスルーパスを呼び込んだMF菅野奏音が冷静に左足でゴールに流し込み、2-1と逆転に成功する。さらにその2分後の同32分には、宮澤がドリブルから右足一閃。GKの手を弾いてゴールネットを揺らし、3-1と突き放した。

 後半45分にDF小野奈菜がPA内でサンチェスを倒してしまい、PKをサンチェスに決められて1点差とされたが、日本がそのまま3-2で逃げ切り勝利。3連勝でグループ首位通過を決め、連覇に前進した。国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトによると、試合は1点差に終わったが、日本はボール支配率66%、シュート数も22本とアメリカを圧倒しての勝利だった。なお、アメリカはD組3位となり、グループリーグ敗退が決まった。

 以下、試合記録(日本のみ)

■日本 3-2(前半0-1)アメリカ

<得点者>

33分:失点

53分:植木理子

75分:菅野奏音

77分:宮澤ひなた

90分+1:失点(PK)

<出場メンバー>

[U-17女子日本代表]

先発

GK 1 田中桃子

DF 2 小野奈菜

DF 3 脇阪麗奈

(62分→FW 14 小嶋星良)

MF 7 宝田沙織

(87分→MF 15 千葉玲海菜)

MF 8 宮澤ひなた

MF 10 長野風花

MF 17 菅野奏音

MF 20 北村菜々美

MF 21 野島咲良

(82分→MF 13 唐橋万結)

FW 9 植木理子

FW 11 高橋はな

控え

GK 12 小暮千晶

GK 18 水口茉優

DF 4 高平美憂

DF 5 牛島理子

DF 6 金勝里央

DF 19 冨田実侑

FW 16 遠藤純

監督

楠瀬直木