物語音楽家・裁縫師・照明作家の舞台「仕立て屋のサーカス」新宿ルミネ0で新作発表へ

写真拡大

 ファッションデザイナーのスズキタカユキ、音楽グループ シネマ・ダブ・モンクス(CINEMA dub MONKS)の曽我大穂とガンジー、照明作家の渡辺敬之で構成される現代サーカスグループ"仕立て屋のサーカス"が、新宿「ルミネ ゼロ(LUMINE 0)」で東京公演を開催することを発表した。会期は2017年1月7日から1月15日まで。 仕立て屋のサーカス、1月に東京公演の画像を拡大

 グループ名の「circo de sastre(シルコ・デ・サストレ)」はスペイン語で「仕立て屋のサーカス」を意味し、「物語のある音楽」をテーマに2014年から活動している。次回東京公演の初日はテントから始まる職人の話「シャビの恋」、2日目は2015年2月に横浜で発表した「旅立ちのラウル」、3日目と4日目は2015年6月に1度切りで行った「ある一夜の夢のようなはなし」を公演するほか、最後の3日間で新作を披露する。■「仕立て屋のサーカス」東京公演会場:ルミネ ゼロ入場料:一般 前売 ¥3,500 / 当日 ¥3,800 / 二日券 ¥6,000 / 三日通し券 ¥7,500学生 前売 ¥2,500 / 当日 ¥2,800 / 二日券 ¥4,000 / 三日通し券 ¥6,000*18歳以下無料(要予約)。全席自由。「シャビの恋」1.7 (sat) 18:00 open / 19:00 start「旅立ちのラウル」1.8 (sun) 16:00 open / 17:00 start「ある一夜の夢のようなはなし」1.9 (mon/hol) 16:00 open / 17:00 start1.10 (tue) 18:00 open / 19:00 start「新作」1.13 (fri) 18:00 open / 19:00 start1.14 (sat) 16:00 open / 17:00 start1.15 (sun)16:00 open / 17:00 startFacebook公式ページ