『お寺のしあわせごはん』(青江覚峰/学研プラス)

写真拡大

 読んで食べて心がスッと軽くなる、そんなお坊さんの法話エッセイ&お寺料理のレシピを紹介する『お寺のしあわせごはん』が2016年10月4日(火)に発売された。

 家庭、仕事、人間関係… 日々の悩みは尽きないもの。同書では、「他人のことばかり気にしていませんか?」「一人で頑張りすぎていませんか?」「わかったつもりで行動していませんか?」といった問いかけを通して、悩みの正体を見つけ、心穏やかに、しあわせに暮らすためのヒントを提案している。

 毎日の暮らしに追われ、忙しい生活を送る現代人にとって、仏様の教えを実践するのは難しいことのように思ってしまうが、実は誰にとっても身近な「食」の中にそのヒントが隠されている。

 同書では、家庭で簡単に作ることができるお寺料理レシピを紹介。読んで、食べて、自分の悩みと向き合ってみよう。作る、食べる、もてなす、片づけるといった繰り返しの中で、いつの間にか心がスッと軽くなっていることに気づくはず。

※掲載内容は変更になる場合があります。