女性に多い便秘・肌荒れトラブル、あなたは快調ですか? “肌は内臓の鏡”とも言われるとおり、腸内環境は肌に大きく影響されます。便秘が続くとニキビができたり肌がくすむなど肌トラブルを感じやすくなり、体もむくみやすく太りやすくなります。いわゆる女性を美から遠ざける大敵ですね。
本日は「便秘体質を3週間で解消する5つのポイント」をお伝えしていきます。

3週間で便秘解消の5つのポイント

1 … 朝起きたら水を飲む

朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むと、腸が刺激され、便を排出するためのぜんどう運動が起こりやすくなります。便秘の方は水分が不足しがちなので、かたくなった便をやわらかくするためにも水分は重要です。
そして毎日便意がなくても同じ時間にトイレに行く習慣をつけてみましょう。続けていくと快調を目指せます。

2 … 運動をする(ストレッチ)

運動は腸を刺激するとともに、腸の働きをコントロールする自律神経のバランスを整えるのに役立ちます。ウォーキングなどの軽い運動もいいですが、忙しい方は日常生活のなかで階段を使うようにしたり、車ではなく自転車や徒歩での移動にするなど動くことを意識しましょう。
もしくは自宅でできるお腹まわりをひねるようなヨガ・ストレッチもいいですね。

3 … 内と外からのマッサージ

外からのケアは、腸をマッサージすることで働きが活発になり、便秘解消につながります。おすすめは毎日お風呂で体を洗うときにボディソープで滑らせながら行うとスムーズです。内からのケアは、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、お腹を凹ませながら息を吐く腹式呼吸です。腹式呼吸は、腸をなかからマッサージしてくれる効果があるだけでなく酸素をたっぷり吸いこみ、巡りのいい体に整えてくれます。

4 … 油はオリーブオイルにチェンジ

普段、料理をするときにフライパンに垂らす油や、サラダにかけるドレッシングにはオリーブオイルをセレクトしましょう。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は小腸で消化されにくく、大腸まで届いてぜんどう運動をサポートしてくれます。また便の滑りもよくしてくれることからスムーズな排泄を手助けしてくれるので、とくにダイエット中で油物を控えている便秘女性は、普段使っている油をオリーブオイルにチェンジしてみましょう。

5…食物繊維をとる

便秘に一番効果的な成分は食物繊維です。食物繊維は、野菜(ごぼう・サツマイモなど)、海藻類(ワカメ・ひじきなど)、キノコ類(しいたけ・しめじなど)に多く含まれています。一日3食、どれか1品に食物繊維を意識して食べるようにしましょう。お味噌汁やサラダにこれらの食材を入れると手間いらずですよ。
便秘体質の私でも1週間弱で効果があったので、早い方は即効性も望めます。

まとめ

最近では市販の下剤も多く見かけるようになりましたが、まずは、これらを試してみてから様子を見てみましょう。便秘になったら下剤を飲むということが癖になる前に、便秘体質の方は一度、専門医に相談してみるのもいいですね。これらのポイントを3週間試してみてください。きっと体に変化が訪れると同時に美肌・ダイエット効果もアップしますよ。