【動画】資生堂がビデオ会議用の自動メークアプリ開発

写真拡大

 資生堂が、日本マイクロソフトの協力のもと、オンライン会議で通信中の画面に表示される顔に自動でメークや顔色補正を行うアプリ「TeleBeauty(テレビューティ)」を開発した。9月から11月にかけて、賛同法人や日本マイクロソフトの女性社員100人を対象に「Skype for Business」用アプリとして試験運用を実施している。 働き方の多様化うけての画像を拡大

 資生堂は、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指す「テレワーク」が広がっている背景から、「オンライン会議のためだけのメークが負担」や「自室の映り込みを好まない」「パソコンのカメラ性能によっては肌がきれいに見えにくい」などの女性ならではの悩みに着目。「TeleBeauty」は、資生堂のアーティストが持つメーク技術やメークのシミュレーション技術、トレンド情報を活用し、「ナチュラル」「トレンド」「シャープ」「かわいらしい」といった計4種類のメークパターンをそろえる。顔を映すだけで画面上の顔にメークを施すほか、顔色の補正や顔以外の部分をぼかす機能も搭載される。