長く続けてきた自分の美容法にはそれなりに自信を持っていますよね。それだけに女友達から美容に関して指摘されると、イラッときた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

今回『美レンジャー』が500名の女性に行った調査結果をもとに、同性から言われてイラつく美的発言のワースト3をご紹介します。悪気がなくて発しているフレーズで、女友達をムッとさせている可能性も……。

■ワースト3位:“そんなにいろいろしてるの!?”と、暗にケアを否定される

「美容に関しての同性からの発言で、イラッとした経験のあるもの(に近いもの)を選んでください(複数回答可)」と質問をしてみると、ワースト3位には25.4%が選んだ「“そんなにいろいろしてるの!?”などと自分のケアを否定してくる」がランクイン。

頑張っているケアに対して、「えーっ。そんなにたくさんの化粧品使ってケアしてるんだぁ!」などと、言われるとイラッとしますよね。

自分では悪気のない素直な感想であっても、友達のケアを否定するような発言は避けた方が無難でしょう。

■ワースト2位:“そんなケミカルなものダメよ〜”などとオーガニックを崇拝している

続いて、同調査でワースト2位になっている発言は3位と僅差の25.6%が選択した「“そんなケミカルなものダメよ〜”などとオーガニックを崇拝している」でした。

オーガニックの化粧品など愛用している女性のなかには、“ケミカルは悪いもの”と決めつけているかのような発言をする人も……、いますよね。

本人が納得して使っている化粧品に対し頭ごなしに言われると、美的感覚を否定されているようでイラッとくるのも納得です。

もちろん、オーガニックのよい点はたくさんありますが、女友達のケアにまで口を出すのはご法度です。

■ワースト1位:“もっとイイ化粧品があるよ!”などと特定の製品を無理やり勧めてくる

そして、同調査でワースト1位になっていた発言は、34.6%が選んだ「“もっとイイ化粧品があるよ!”などと特定の製品を無理やり勧めてくる」でした。

「化粧品会社のセールス?」という疑惑を抱いてしまう人も、いるのではないでしょうか?

お気に入りの化粧品に出会うと、親切心で教えてあげたくなってしまう気持ちもわかりますが、無理やり勧めるのは迷惑です。

美容に関心がある女性同士だと、つい自分と同じ方法を勧めたくなる気持ちもわかります。しかし、何気ない発言で女友達をイラつかせてしまったら友情にヒビが入ることもあります。もし、心当たりのある人は、この機会に注意してみてくださいね。

【関連記事】

アリとナシでは大違い!「好感度モテ子がポーチにIN」5つのアイテム