想像させて…!彼に「すっぴんがキレイだと思われる」メイク術

写真拡大 (全5枚)

すっぴんメイクだけどキレイだと思われたい……!

女性にしか分からないこの悩みの理由は、「すっぴんがキレイな女性が好きだ」、「メイクが濃いのはちょっと……」なんて声が男性からはよく聞かれるからですよね。

すっぴんがいいといわれても、それが一番難しいの!と悩む方も多いはず。筆者はロンドン、ニューヨークと様々なバックステージでメイクをしてきましたが、バックステージメイクって意外とほぼすっぴんのようなナチュラルメイクが多いんです。でもそのように見えないのは、裏テクがあるから。

そこで今回は、その裏テクをご紹介します。すっぴんが好きという彼に、次のデートで惚れ直させましょう!

■すっぴんメイク作りはベースから

すっぴんメイクのマスト条件は、まずはナチュラルなベース作りから。ナチュラルなベース作りをしていくためには、パウダーに行き着くまでに“いかに素肌のようにキレイにみせるか”がキーポイント。

すっぴん

(1)まずはクマやくすみをとるマッサージをしながら入念にスキンケアをしましょう。クマのラインを軽く押しながらこめかみまでツボ押しを。そしてクルクルと目周りマッサージをし、血行を良くします。マッサージ用の道具を使い、写真のように内から外へリンパを流して、血行促進をしてあげることもオススメです。

(2)スキンケアの後は下地。ここでポイントはコントロールカラーを入れること。それぞれ肌悩みはありますが、このコントロールカラを入れることで、ナチュラルベースを作ることができます。くすみを取るコントロールカラーはベージュ系がオススメ!

(3)そしてここも大事なポイント! ファンデーション、もしくはBBクリームを両手全体に伸ばし、一度手のひらを合わせあたためます。その後お顔を包み込むように塗布。このようにすることで、ファンデーションが柔らかくなり、お肌の密着度がとても高くなり、素肌のように馴染みます。

すっぴん

(4)隠れきれていないところは、リキッドコンシーラーとハイライトで隠しましょう。

(5)パウダーはほぼつけないのがすっぴんメイクにはベスト! すっぴんは粉っぽくなく、ちょっとテカリがあるような状態ですよね? それをイメージし、パウダーを控えめに。大きめのブラシでTゾーン、目周りのみにふわっとかけましょう。ブレストのノーカラーパウダーはブラシに取りすぎる失敗が少ないのでオススメです。

これでスッピン風ナチュラルベースメイクの完成!

■すっぴんでも目元は可愛く!

すっぴんだと普段の目力が出ないことも不安に思いますよね。あくまですっぴんに見えながら目力を出す方法はこの2つ。

(1)まつ毛のキワ、根元に入れるブラウンペンシルアイライナー

まつ毛の間は埋めないと目元がぼやけてしまいます。でも“いかにもメイクをしています”とならないために、裏側から茶色のペンシルでまつ毛の間を埋めましょう。ポイントはペンシル。リキッドだとどうしてもはっきりしてしまい、メイク感が出ます。

(2)透明マスカラ&根元のみのマスカラW使い

こちらの控えめマスカラテクもオススメ。まずは透明のマスカラでまつ毛にツヤとナチュラルな強さを。ナチュラルなので、しっかりと上下に塗りましょう。その後、根元にのみ締め色の黒マスカラを投入。ポイントは根元にマスカラをあて、少し左右に動かし、離すこと。毛先までは決してつけないでください。

いかがでしたか? シーンとしては朝、彼が起きる前の忍ばせメイク、もしくは休日の肩に力が入りすぎないリラックスメイクにオススメです。すっぴん風だけど、実はすっぴんじゃない、こっそりとキレイになれるテクを身につけて!

【筆者略歴】

小笠原彩 ・・・メイクアップアーティストとしてロンドン、NY、東京とランウェイや雑誌・広告のメイクを手掛けハリウッド女優顧客も持つ。2015年に美容プロデュース・コンサルティングの会社を立ち上げ、アジア方面での貢献事業、講演、商品開発も行っている。

【画像】

※ Alex Shalamov / shutterstock