元、谷中住人の旅ライターSannaです。引っ越した今もバスに揺られて訪れる、愛すべき下町、谷中。古いものを大切にしながらも、新しいスポットが次々と誕生するこの町で見つけた、人気急上昇中のおしゃれな雑貨ショップをご紹介♪街を歩けばそこらじゅうでくつろぐ、かわいい猫たちにも癒されながら、ここでしか出合えないアイテムをチェック!

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27579


見た目はカフェ、じつは「たわし」の専門店!

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27581



 明治40年創業の亀の子束子西尾商店が、若い世代や外国人旅行客にも束子(たわし)の魅力を伝えるため、谷中にお店をオープン。白を基調とした店内には昔ながらのたわしから、おしゃれでモダンなたわしまで勢ぞろい。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27583



 素材はパームヤシ、棕櫚(シュロ)、サイザル麻とあって、形やサイズもいろいろ。ベーグルやハート、音符、雲の形をしたものなど、デザイン性に優れているたわしはインテリアとして飾っておきたくなるほど。

 店長さんのお話を伺っているうちに、自分でも欲しくなって買っちゃいました。まな板の細かなキズの汚れやカップの茶渋落としに重宝すると伺って、棕櫚というヤシ科の植物からできたたわしをゲット(下写真中央)。細身でにぎりやすいし、カップにすっぽりはまります。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27586


 右は、たわしのキーホルダー。これ、ただの飾りじゃなくて、ちゃんと使えるんです。靴が汚れたら汚れをはらう、なんてことも。そして、たわしではないけれど、抗菌性に優れている亀の子スポンジ(写真左)。銀イオンの抗菌効果が半端ないということで、こちらも購入決定!

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27587


 ほかにも気になる商品がざくざく…。開運や健康運、合格祈願、恋愛成就などお守りみたいなたわしのキーホルダー。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27588


 トートバッグ、Tシャツなどファッション小物もキュート。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27589



 八百屋さんや魚屋さんみたいな前かけも!

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27591


 もちろん、昔ながらの亀の子束子や、靴洗いのたわしなど定番アイテムも充実の品ぞろえです。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27593



とにかくお店の中は、亀の子束子グッズのオンパレード。楽しすぎて、ついつい長居してしまいますので、覚悟して。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27604


【亀の子束子 谷中店】
営業時間:月定休日
11:00〜18:00
住所:東京都台東区谷中2-5-14C
電話:03-5842-1907
http://www.kamenoko-tawashi.co.jp/

→次ページアジア少数民族の洗練された工芸品が手に入るギャラリーショップ

アジア少数民族の洗練された工芸品が手に入るギャラリーショップ

 the ETHNORTH GALLERY(ザ・エスノース・ギャラリー)は、多様な民族の手工芸品を紹介するギャラリーショップということで、店内にはエスニック・アイテムがたくさん!オーガニックのコスメや食品もあるので、ライフスタイルショップと言ってもいいかもしれませんね。2階はギャラリー&カルチャースペースになっています。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27598



 最初はレコード会社としてスタートし、CDも置いています。店のオーナーは、音楽だけでなく、その背景にあるモノや文化も紹介したいと考えるようになり、この店をオープンしたそうです。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27600


 中国や東南アジアを住まいとするミャオ族と制作した手織り草木染め製品や、ラオスの小さなショップと共同制作した手織り藍染製品など、現地の方たちと協力して完成したものもそろっています。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27600



 一番人気の台南バサミは、切れ味バツグンの糸切りバサミ。台湾の職人が一つひとつていねいにたたいて仕上げました。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27608



 中国や東南アジアに暮らすヤオ族の竹かごはフルーツを入れたり、毛糸玉を入れたり、用途はいろいろ。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27603



 ミャンマーやインドネシアの木製カトラリーもすてきです。どこかアジアの国を旅している気分にさせてくれる、そんなお店でした。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27609


【the ETHNORTH GALLERY】
営業時間:月定休日(月が祝日の場合は営業)
11:00〜19:00
住所:東京都台東区谷中3-13-6
電話:03-5834-2583
http://ethnorthgallery.com/

●おまけ

 猫の街「谷根千(やねせん)」のひとつである谷中では、「夕やけだんだん」や「谷中銀座商店街」などいたるところでにゃんこに出合うのも楽しみのひとつ。店先の猫のオブジェや、猫グッズ専門の雑貨店などもありますので、ぜひ訪れた際には、食べ歩きでもしながらゆっくり歩いてみてくださいね。

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=27607




【Sannaさん】出版社勤務などを経てフリーのライターに。ムックやガイドブック、雑誌などに、旅や街歩きほか、グルメ、輸入住宅の記事を寄稿。これまで訪れた国は約65か国。著書に『スウェーデン森に遊び街を歩く』、『バルト三国 愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ』(ともに書肆侃侃房)などがある。ブログ『Sannaの旅ブログ』
<撮影・文/Sanna>