先輩ママが伝授!子連れでの電車トラブルを避けるとっておきの方法

写真拡大

買い物や遊びに出かけるときをはじめ、病院、役所での手続きなど生活に必要な用事をすませるために、小さな子どもを連れて電車に乗らなければならないこともありますよね。しかし、小さな子どもを連れて電車に乗るのは大変。泣いたり、騒いだりと周囲に迷惑をかけてしまう可能性があり、ママもドキドキですよね。

­

そんな電車でのお出かけも、対処法を知っていればもっと気軽に楽しめるようになるのではないでしょうか。そこでママ100人に、小さな子どもを連れて上手に電車に乗るコツを聞いてみました。
好きなおもちゃ・お菓子を用意する
電車で静かにしてもらうためには子供の好きなものを持って出かけるのが鉄板。「口に何かが入っているとおとなしい」ことからお菓子を持ち歩くという意見も多数ありました。最近ではスマホのアプリやYou Tubeを見せるなどして工夫している人も多いよう!

­

・「スナック菓子などは座席に散らかしたり、床に落としたりすると困るので、飴・キャラメル・ラムネ・一口チョコなど、すぐに口に入れられるようなお菓子を必ず持って乗ります」(30代/専業主婦)

­

・「子供が小さいうちは、ぐずって迷惑を掛けそうになった時用のおもちゃやお菓子を必ず携帯するようにしていました。普段はあまり目に触れない、子供にとって珍しいアイテムをひとつ常備しておくとベストです」(30代/専業主婦)

­

・「とにかく、退屈と思わせないようにその子に応じた興味あるものを用意しておく。スマホの中に興味のあるアプリを入れておく。おもちゃを各種そろえておく。迷惑にならない程度のお菓子を用意しておくなど。大きい声をあげたらその都度注意するが、どうにもならない時はもちろん電車を降ります」(30代/専業主婦)

­

・「取り出しやすい小さめバッグに、いろいろ準備して出かけます。おもちゃ→絵本→ジュース→おもちゃ→スマホ→お菓子→おもちゃ…と、ドラえもん並みにいろいろ出てきます。お菓子は食べるのに時間がかかりそうな物を与えています」(30代/専業主婦)

­

・「本があると、かなり集中して静かにしてくれます」(40代/自営業)

­

・「とにかく子供が騒がないように、電車の中だけはなるべく小さいお菓子を持っているようにしています。せんべいでも袋の中で小さく割って、ポロポロ落ちないように配慮」(40代/専業主婦)

­

・「とにかくおやつで口をふさいでしゃべらせないようにしています(笑)」(40代/専業主婦)

­

・「騒いだり大きな声で叫んだりしないように、窓の外を眺めさせたり、携帯に入れてある子供用のアプリをやらせたり、動画を見せたりします」(30代/専業主婦)
外を見せたり、遊ばせたりして気を紛らす
子どもは電車の窓から外を見るのが好きですよね。外を見せて、気を紛らすのも有効な手。ただし、座席に後ろ向きに座るときは必ず靴を脱がせ、周りに配慮するのは大切ですね。また、騒がない程度の遊びを取り入れてご機嫌に過ごさせるというママも多かったですよ。

­

・「騒がないように窓から外が見えるところに立って乗っている。外の景色が見えた方が退屈しないので」(30代/アルバイト)

­

・「電車に乗ったら大きな声を出さない、動き回らないでじっとしていることに気をつけています。窓の外を見て、『あ、○○があるねー』など言って飽きさせないようにしています」(30代/専業主婦)

­

・「ぐずってしまった時の対処法として、手遊び歌をいくつか覚えました。普段はやらずに、電車に乗った時だけやります。子供も好きな歌なので、しばらくは夢中になってくれます」(30代/専業主婦)