アートフレームのようなたたずまい

写真拡大

ヤマハは、インテグレーテッドオーディオシステム「Restio(レスティオ) ISX-18」を2016年10月上旬に発売する。

縦横19.5センチ×奥行6センチのコンパクトサイズに、一体アルミフレームを採用した質感の高いデザインで、「絵画や写真を飾るような感覚」でスタイリッシュに棚や壁に設置できるという。

有線/無線LANやBluetooth、ヤマハ独自の「MusicCast」やアップルの「AirPlay」などのネットワーク機能に対応し、パソコンやネットワークストレージ、インターネットラジオなど家中の様々な音楽コンテンツ、スマートフォン/タブレット内の音楽を自由に楽しめる。

5センチウーファーと2.5センチツィーターを搭載した2ウェイ2スピーカー構成を採用したほか、バスレフポートを備え、コンパクトながらサイズを超えた豊かな低音を楽しめる。圧縮デジタル音声で失われた音を補完する「Music Enhancer」機能も備え、Bluetooth接続でも本来の音質に近い音質で再生できる。

WAV/FLAC/AIFF(192kHz/24bit)、ALAC(96kHz/24bit)、MP3/WMA/MPEG-4 AAC(48kHz/320kbps)フォーマットに対応。

カラーはホワイト、ブラックの2色。

価格は4万5000円(税別)。