「子ども」から「子供」で右傾化?(写真:アフロ)

写真拡大

「子供」なのか「子ども」なのか。言葉の表記の問題は、右傾化とリベラルの問題につながっていく!? コラムニストのオバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 このところ子供について「あれ?」とよく思う。大人の対義語としての子供、幼い者たちという意味での子供について首を傾げているわけではない。「子供」という表記について、風向きの変化を感じるのだ。

 ライターや編集者の仕事をフリーランスでやってきてずいぶん経つが、かつては雑誌や新聞などで「子供」と書くと、けっこうな確率で「子ども」への修正要求が来たり、勝手に編集部が書き換えたりしたものである。その度合いは媒体によって違い、雑誌だと女性誌、新聞ではどこでもだいたい「子ども」のほうの使用を基本としていた。

 それが、ここ数年、「子供」のままでたいてい通るのである。良くも悪くも編集部チェックの甘い、ウェブ媒体の仕事が増えたからかもしれないが、オールドメディアの仕事でもあまり修正を要求されない。

 以前は、自分が「子供」を使いたい理由の説明がとても面倒だった。逆に「なぜ“子ども”の表記がいいのですか?」と問うのも喧嘩を売っているみたいになるので、「うちの表記基準は“子ども”なんですよ」と言われた場合は、「あ、そうですか。わかりました」と引き下がることのほうが多かった。いちいちそこで引っかかっていたら、フリーランスの商売は回らないのだ。

 では、なぜかつては、「子供」ではなく「子ども」表記を好む媒体が多かったのか。互いに余裕があるとき、先方の編集者のココロを聞いてみると、だいたい次の二つの理由からそう志向していた。

 ひとつは、「子供」は硬くて冷たい感じがして、「子ども」は柔らかくて暖かい感じがするから。最初に聞いた時は、「えっ、そんなテキトーな感覚で書き直しさせられるの?」と戸惑ったものだが、特に女性誌あたりでは書き手の文体よりも、雑誌のカラーを重視する傾向が強い。

 話は逸れるが、文章内で「女」という単語を使ったら、「女性」への言い換えを要求され、その文では「女性」だとリズムがおかしくなるので拒んだ結果、そこの仕事自体がなくなったこともある。あれはライターになって2年目、はじめて得た雑誌コラム連載でのトラブルだった。後味が極めて悪く、以来、一方的な修正要求でも、よほど理不尽な内容でなければあまり抵抗しなくなってしまった自分がいる。

 話を戻して、「子供」がダメだという理由の二つめ。それはつまり、クレーム防止策なのであった。時折、「子供」の表記に噛みついてくる読者がいるからである。「クレーマー」はこう言うらしい。「子供の“供”には、“お供え”や“お供”の意味がある。子どもをモノのように扱っていた過去を想起させるし、子どもの人権を軽視した表記だ。訂正とお詫びを入れなさい」と。

 困った話だ。でも、言われてみれば、たしかに、1989年に国連総会で採択された国際条約の「Convention on the Rights of the Child(児童の権利に関する条約」は、「子どもの権利条約」と称されている。役所や学校の刷り物では、「子供」より「子ども」になっていることが圧倒的に多い。そこには人権意識が働いているらしいのであった。

 いっぽうで、もとは漢字だった部分を仮名にする「交ぜ書き」は、日本語の使い方としてよろしくない、と昔から指摘されている。文化庁の公式サイトにも、〈「補てん」「ばん回」「伴りょ」のように、漢語の一部を仮名書きにするいわゆる交ぜ書きは、文脈によっては読み取りにくかったり、語の意味を把握しにくくさせたりすることもある〉とある。

 交ぜ書きを「日本語として醜い」と批判する人もいる。私は美意識でそこまでは思わない。ただ、「子供」を交ぜ書きにして、助詞に「も」を使いたい時、困ってしまう。「子どもも大変だ」。「もも」ってなんなんだよ。私はそういうところが気になる。「子供も大変だ」のほうがずっと自然だ。

 というように、「子ども」には機能的な欠陥があるのだが、公的機関は人権的観点から交ぜ書きの道を選んでいた。そして、その考え方で「クレーマー」が暴れることもあり、面倒を嫌う媒体が自主規制的に「子供」の使用を禁ずるという、なんともモヤモヤした状態が実際あった。

 それが、である。ここ数年、「子供」で残念な思いをすることが滅多にない。なぜだろうと思っていたら、先日、あるリベラル系の識者から「今は、“子供”のほうがスタンダードだ」と言われた。時代はそうして右傾化している、との愚痴を聞いた。

 なんでも文部科学省の方針が変わったらしい。不勉強で知らなかったので、慌てて調べてみると、2013年の9月、〈文部科学省はこのほど省内の公用文書の「こども」の表記を漢字書きの「子供」に統一することを決めた〉と報じられていた。〈子供と表記しても大人の「お供」のような否定的な意味はないと判断し、公用文書は漢字表記との原則を再確認。7月刊行の文部科学白書では語句を「子供」に統一した〉とのことだった(日経新聞より)。

「子供/子ども」問題にはいろいろな学説があるのだが、以下については学術的見解がおおよそ一致している。「こども」の語は、「こ」に、複数を表す接尾語「ども」がついたもの。表記は、「子等」「児供」「小共」など様々だったが、明治以降は「子供」にほぼ統一された。その「供」は当て字であり、特段の意味を有するものではない、と。

 だから、2013年の文科省の判断と決定は、突飛なものではないのである。交ぜ書きの問題性を考えれば、ごくまっとうな話だと思う。なのに、私にその情報を与えてくれたリベラル系知識人は、苦々しい顔をしていた。はっきり「右傾化」と嘆いていた。

 2013年の9月は、どんな政治状況だったか。民主党政権が倒れ、第2次安倍内閣がその勢いを増していた時期だ。ときの文科相は下村博文。昨今、注目の日本会議の偉いさんで、「親になることで、人生は豊かになります」と説く「親学」の推進者でもあった。文科省の「子供」統一には、その下村大臣の意向が強く働いたという。なるほど、そういう意味で右傾化……。

 私は、「親学」など余計なお世話だと思うし、教育分野での安倍内閣のあれこれには、ずっこけ復古調を感じ取る日本人だ。リベラル系知識人氏がああいう顔になるのも分らないではない。

 でも、これはこれ、それはそれ、と考えたほうがいいことも多く、イデオロギーとは別のところで「子供」オッケーではないだろうか。文科省が、「子ども」狩りをしているなら問題だが、国家権力の先兵的存在の警察庁だって、いまも「子どもの安全対応マニュアル」とか「子ども防犯テキスト」といった表記を使っている。そのほうが柔らかくて暖かい感じがして、国民に親しまれそうだから交ぜ書きオッケーの判断なのだろう。

 私が最近感じている風向きの変化は、「子供/子ども」問題がようやく改善されてきた、という思いである。好みでどっちでも使える自由。それと右傾化の話は切り離したいのだが、そうは問屋が卸さないのだろうか。

 リベラル系知識人氏は、「“子供”を使ったら、子どもの問題に意識的な人々は君の話を聞かない」とアドバイスしてくれた。しかし、未だにそんな感覚でいるから、それこそ右傾化が進む。問題はむしろそこではないか。