500円玉貯金、もう挫折しない!毎日楽しく貯めていくコツ

写真拡大

500円玉貯金をしたことはありますか?よく100円ストアなどに『10万円が貯まる貯金箱』といった商品が売られていますが、実際に500円玉で10万円が貯まるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。ここでは、500円玉貯金ではどれぐらいお金が貯まるのか、また500円玉貯金を楽しく続けるためにはどうすればいいのかをご紹介します。

■ 500円玉貯金でどれくらい貯まるのか?

では、実際に500円玉貯金でどれくらいのお金が貯まるのかを計算してみましょう。例えば、2日に1回500円玉貯金をしたとすると、1年間で、

・365 ÷ 2 × 500円 = 91,250円

となり、9万円以上貯まります。2日に1枚のペースであれば、だいたい13ヶ月で10万円が貯まると覚えておきましょう。

■ 500円玉貯金を続けるコツ

続いて、500円玉貯金を続けるコツをご紹介していきます。

◎ 貯めやすい貯金箱を使う

まず、500円玉貯金をするには、貯めやすい貯金箱を買いましょう。貯めやすい貯金箱というのは、「缶切りなどを使わないと開けられない貯金箱」です。自分の目の届く範囲に500円玉があると、ついついコンビニに行くときなどに1枚つまんで使いたくなってしまうものです。そこで、簡単には開けられない貯金箱を使うことで、そうした無駄遣いを防止しましょう。「いつのまにかこんなに!」という喜びを得るためにも、貯金箱選びは大切です。

◎ 買い物は500円玉をうまくもらうゲームと考える

続いて、日頃の生活の中で500円玉貯金を継続させるために、買い物などでは「うまくお釣りが500円になるように支払うゲームをしている」と考えるようにしてみましょう。スーパーなどで、レジに商品を預けてお会計金額が表示されたら、すぐにお釣りがうまく500円玉でもらえるように支払えるかどうかを計算しましょう。一見難しいように感じるかもしれませんが、慣れればまったく難しくはありません。ちょうどの金額を支払うのではなく、いつもおつりが999円〜500円になるように支払っていれば、自然とあなたの財布には500円玉が残るようになるはずです。

■ 500円玉貯金を楽しもう!

貯金を続けるためには、さまざまな工夫をして、日々のモチベーションを保つことが重要です。人間、つらいことを毎日続けることはできません。今回ご紹介した貯金が楽しくなるような方法を使って、ぜひ500円玉貯金を楽しんでみてください。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・LS2016 編集:nanapi編集部)