イラク戦は勝たなければいけない試合でした。試合内容はさておき、そこで勝ったことは素晴らしいと思います。同点で終わるのと勝利は違います。まずはその点を評価しなければいけないでしょう。

日本代表選手には理想のサッカーがあることだと思います。もっとボールを回して試合を支配し、相手を圧倒して勝ちたいかもしれません。ですが、それ以上に勝負を決めるのは、「勝ちたい」という意欲です。原口元気清武弘嗣のように、攻守に走り回ってプレーし続ける姿が大切なのです。

吉田麻也が最後に上がっていく姿勢もよかったと思います。自分たちのスタイルではないでしょう。ですが吉田が上がってから日本は2回チャンスを作りました。決勝点も吉田がコーナー付近で粘って奪ったFKからです。そういう「戦う姿勢」こそ、予選の中では必要になるのです。

一方で交代出場した選手は、もっと自分の良さを出さなければダメでした。プレー時間が短いのだから、先発の選手よりも走って追って、流れを変化させなければいけません。リズムを変えられないと投入される意味がないのです。そこは途中出場の選手たちに考えてほしい部分です。

ただ、このまま次のオーストラリア戦で同じことは出来ません。イラク戦でも高さで同点ゴールを奪われてしまいましたが、オーストラリアはもっとその形を狙ってくるでしょう。また、逆に日本がパワープレーを仕掛けても効果は期待できません。

次こそ速いパス、速い判断で仕掛けるべき相手です。先制点を奪っただけではなく、追加点を取るようにしなければ、相手のパワープレーの餌食になります。まだまだ気が抜けるような状況ではありません。

僕の今回の採点は「65点」。まだ予選は始まったばかり。次も貪欲に勝ち点を目指すのと同時に、さらなる進歩を望みます。