ダサい派vsカワイイ派が仁義なき大論争!? 『anello』リュック知ってる?

写真拡大

みなさんは、『anello(アネロ)』の口金入りリュックというアイテムをご存知ですか?

シンプルで可愛く種類も豊富。ポリエステル製のものだと定価は4,860円(税込)、ネットなどで安売りしていると3,000円ちょっとなどで変えます。そして見た目以上の大量収納!

そのため、ママから中学生、高齢者にいたるまで大人気ですが、ネット上では「ダサい」という意見もチラホラ……。

そこで今回は、そんな“『anello』論争”をTwitterの投稿を参考に取り上げてみたいと思います。

■そもそもどんな所が人気のポイントなの?

まず、見た目の可愛さは外せないポイント。

リュックというと、どうしてもアウトドア系のものか、あまりモノが入らないオシャレ系のものに別れがちですが、両方を兼ね備えたシックなデザインは魅力的のようです。

■ガバッと開く大量収納はズボラでも使いやすい?

そして、口金入りリュックはガバッと開いて、たくさん入る箱のような状態になるため、めんどくさがり屋さんにも嬉しいよう。

ユニセックスなデザインなので夫婦で共有もできるようです。

■ママさんの“マザーズバック”としても人気

手提げとしてもリュックとしても使えるので、抱っこひもで前に子どもを抱えるお母さんの“マザーズバック”としても人気。

ただでさえ荷物の多いお母さんたちは、利便性を求めて使っている方が多いようです。

■一方、アンチ『anello』派の意見は「みんなが持っているから」?

『anello』嫌いの人の意見を見ると、やはり「みんなが持っているから」という“流行り過ぎ”を気にする方が多いようです。老若男女が使い始めたら「もう使いたくない」という人が増えますよね。

一番のポイントでもあるガマ口部分が不便という、利便性派を疑問視する声も見受けられます。

いかがでしたか? インターネットの掲示板などでは、好き派と嫌い派が論争を繰り広げていましたが、好き派は「便利だから」、嫌い派は「みんなと同じが嫌」という意見が多く見られました。

その中で、「流行りものにいち早く飛びついてダサい人が持ち始めたら廃れ消費するより、便利ならみんなが持つ定番になればいい」という意見に、“いいね”が多くつけられていました。はたして5年後、10年後にも定番商品として残るのか気になるところですね。