日本に長期間滞在する中国人が学ばなければならないのは日本語だけではない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で自動車を運転する中国人のために日本の交通法規について説明する記事を掲載し、中国と日本の交通ルールの違いに注意するよう読者に呼びかけている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本に長期間滞在する中国人が学ばなければならないのは日本語だけではない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で自動車を運転する中国人のために日本の交通法規について説明する記事を掲載し、中国と日本の交通ルールの違いに注意するよう読者に呼びかけている。

 日本と中国の交通ルールの非常に大きな違いの1つは、日本が歩行者優先の車社会であるのに対し、中国は車優先であることだ。これについて記事は、日本で生活している中国人の見解として「日本の路上では1人1人の歩行者を“億”を上回る価値を持つ高価な壺だと見なして、運転には注意に注意を重ねなければならない」と伝えた。

 中国では横断歩道が青であっても車が優先であるため、前述の中国人の助言は決して冗談ではなく、中国人が日本で運転する際には歩行者に対する見方を徹底的に変化させる必要があると言えるだろう。車優先の中国社会での運転に慣れた中国人ドライバーにとっては肝に銘じるべき言葉だ。

 また記事は、日本で気をつけるべき点として路上駐車を挙げ、日本ではコインパーキングを探してそこに駐車する必要があり、道路の端に気ままに駐車すれば場所によっては処罰されると説明した。中国では路上駐車が非常に多く、渋滞を招く要因の1つとなっている。

 また日本の道路上によく見かける一時停止の標識だが、中国にもあるにはあるが設けられている場所は少ない。従って記事は一時停止の標識に注意するよう読者にアドバイスしている。日本で運転する中国人ドライバーたちに求められる点に共通するのは中国での運転マナーと常識を捨てることと言えるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)