脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響! アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)、重版出来となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。今回は、「エリートを養成する、2ケタのたし算・ひき算」について、著者にこっそり紹介してもらおう。

わが子を本当に頭がいい
「一流」にしたい方へ

 ここでは、「ひとケタのたし算・ひき算」をマスターされ、さらに上のレベルのトレーニングがほしいという方へ、「2ケタのたし算・ひき算」と「ひとケタのかけ算・わり算」を紹介します。
 
 文部科学省の『小学校学習指導要領解説算数編』では、第1学年の算数の内容を次のようにしています。

【第1学年の目標】

(1)具体物を用いた活動などを通して、数についての感覚を豊かにする。数の意味や表し方について理解できるようにするとともに、加法及び減法の意味について理解し、それらの計算の仕方を考え、用いることができるようにする。

(2)具体物を用いた活動などを通して、量とその測定についての理解の基礎となる経験を重ね、量の大きさについての感覚を豊かにする。

(3)具体物を用いた活動などを通して、図形についての理解の基礎となる経験を重ね、図形についての感覚を豊かにする。

(4)具体物を用いた活動などを通して、数量やその関係を言葉、数、式、図などに表したり読み取ったりすることができるようにする。

 第1学年の「A数と計算」では、2位数までの数の意味や表し方について指導する。学年間でのスパイラルとして、簡単な場合についての3位数も取り扱う。計算では、1位数どうしの加法及びその逆の減法について指導しそれらを確実に身に付けるようにする。学年間でのスパイラルとして、簡単な場合についての2位数の加法及び減法も取り扱う。

「B量と測定」では、長さ、面積、体積を直接比べることについて指導する。
 量の単位と測定について理解する上で基盤となる素地的な学習活動としてのねらいがある。また、日常生活の中で時刻を読めるように指導する。

「C図形」では、身の回りにあるものの形について指導し、平面図形と立体図形の両方を取り扱う。図形について理解する上で基盤となる素地的な学習活動としてのねらいがある。

「D数量関係」では、加法及び減法の場面を式に表すことや、ものの個数を絵や図などを用いて表すことについて指導する。
(出典:文部科学省『小学校学習指導要領解説 算数編』2008年6月)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)