西田栄喜(にした・えいき)   菜園生活「風来」(ふうらい)代表。大学卒業後、バーテンダーとなる。その後、ビジネスホテルチェーンの支配人業を3年間勤務。その後帰郷し、1999年、知識ゼロから起農。小さなビニールハウス4棟、通常農家の10分の1以下の耕地面積である30アールの「日本一小さい専業農家」となる。3万円で購入した農機具などで、50品種以上の野菜を育て、野菜セットや漬物などを直売。生産・加工・販売を夫婦2人でやりながら、3人の子どもたちと暮らす。借金なし、補助金なし、農薬なし、肥料なし、ロスなし、大農地なし、高額機械なし、宣伝費なしなど、“ないないづくし”の戦略で、年間売上1200万円、所得(利益)600万円を達成。基準金額95%未満でも105%超でも反省する「売上基準金額経営」を実践。地域とお客さんとのふれあいを大切に、身の丈サイズで家族みんなが明るく幸せになる農業を行う。著書に『小さい農業で稼ぐコツ』がある【風来HP】http://www.fuurai.jp/

写真拡大

借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし!
しかも、夫婦2人、初期投資は143万円だけ!
なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。
東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにそびえ立っていたのは……
ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。
かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。
いま、風来で「怪現象」が起きている。
それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。
日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか?
『農で1200万円!――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売された著者に、知られざるキューバ式「地域力」の底力について語ってもらおう。

冷戦期キューバの食糧自給率は
日本並みの40%

 わが「風来」では、野菜セットなどを2000年からネット販売しています。
 北は北海道から、南は沖縄県の方まで、石川県にいながら、全国の方に発送できる。ありがたい時代になったとつくづく思います。

 農家は地域に密着しているというのが当たり前なのですが、逆にしがらみも多くなってきます。

 変わったことをするとすぐに目立ちます。
 でも、こうやって全国の方と直接つながれることで精神的に自由になれます。
 そんなこともあり、最初の頃は全国に目を向けていました。
 しかし、農家を続けていく中で、少しずつ考え方が変わってきました。

 きっかけは、南米キューバでの話。
 キューバは言わずと知れた社会主義国。
 キューバの冷戦期の食糧自給率は、今の日本並みの40%でした。
 農業の中心は、おもな取引国であるソ連などでは穫れない砂糖など換金作物でした。
 そして、その農法もいわゆる近代農業で、化学肥料の石油由来の農業でした。

 しかし、1990年代初頭のソ連崩壊の直撃を受け、食糧・石油・化学肥料・医療品の輸入の大半が途絶。まさに国家存亡の危機となりました。

 そんな状況の中、アメリカでは1992年に「キューバ民主化法」が、1996年には「キューバ自由民主連帯法」(ヘルムズ・バートン法)が制定されました。

 狙いはキューバの民主化を促すこと。これらによって、アメリカからの貿易封鎖は強化されました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)